2019年01月15日

車を盗む新手口「リレーアタック」電子キー悪用

最近の車に搭載されている電子キーの機能を悪用し、車を盗む新たな手口が出てきている。電子キーでは、車にキーを近づけるだけで、キーからの微弱電波を感知した車のドアロックが解除され、エンジンもかけられる。新手口はこれに目をつけ、キーと車が離れた場所にあっても、特殊な装置で電波を拾って車に中継し、数秒で作動させるという。「リレーアタック」と呼ばれており、警察などが警戒を強める。

大阪府東大阪市で昨年9月の夜、民家の玄関前に立つ男がアンテナのついた装置を家に向けると、民家の車庫に止めてあった国産高級車のドアロックが解除された。仲間の男がドアを開けて乗り込んだが、人が通りかかり、男らは逃走。翌朝、家人が自宅の防犯カメラ映像で気付き、府警に届け出た。

この4か月前にも大阪市で似た事件があり、府警は、何者かがリレーアタックで家の中にあるキーの電波を車に送り、盗もうとしたとみて、窃盗未遂容疑で捜査している。

府警や自動車メーカーによると、キーを近づけるだけで簡単に車を動かせる機能は「スマートキー」とも呼ばれる。国内では15年ほど前に導入され、多くの車種に使われている。車から常時発信されている微弱電波をキーが受信すると、キーからも電波で特別な信号が車に送られ、正しいキーかどうか確認する仕組み。正しいキーであれば、ドアに触れるとロックが解除され、車内のボタンを押すとエンジンが始動する。車の電波は周囲1メートルぐらいにしか届かないという。

2018/1/10読売新聞

pickup2 at 21:54|Permalink 防犯 

忘れ物の現金窃盗容疑で消防士長逮捕 兵庫県警

駅のトイレにあった忘れ物の財布から現金を抜き取ったとして、兵庫県警垂水署は12日、窃盗容疑で、神戸市消防局中央消防署の消防士長の男(28)を逮捕した。「記憶にない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は11日午後11時50分ごろ、同市垂水区東舞子町のJR舞子駅構内の身体障害者用トイレにあった忘れ物のかばんの中から財布を取り出し、現金3千円を抜き取って盗んだとしている。

垂水署によると、男に続いてトイレに入った持ち主の男性の父親が、財布から紙幣がなくなっているのを確認。男と口論になっている様子を目撃した駅員が110番通報した。
中央消防署は「事実関係を確認中。事実であれば厳正に対処したい」とコメントした。

2018/1/12産経新聞

pickup2 at 21:51|Permalink 防犯 

2018年12月31日

飲食店元店長が金庫から140万円盗む

兵庫県警明石署は31日、明石市内の飲食店から現金約140万円を盗んだとして、窃盗などの疑いで、住所不定、無職の男(35)を逮捕した。

逮捕容疑は2018年12月23〜25日、明石市相生町の飲食店内で、金庫の中から店の売上金約140万円を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

同署によると、男は同店の元店長。経営者が23日に確認した現金約140万円が25日になくなっており、翌26日に同署に届け出た。男も行方が分からなくなっていた。

2018/12/31神戸新聞

pickup2 at 20:18|Permalink 防犯 

2018年12月27日

スマートキーの電波悪用。車窃盗に新たな手口確認。大阪。

車に近付くだけでドアの鍵が開くスマートキーの電波を中継して駐車中の車を盗む「リレーアタック」とみられる被害が大阪で確認されていたことが分かりました。

犯行グループは特殊な装置を使って自宅の中に置いてあったスマートキーが発信する電波を家の外まで中継し、車のドアのロックを解除したとみられます。これはヨーロッパを中心に被害が広がっているリレーアタックと呼ばれる手口で、関西でその手口を使ったとみられる盗難事件が確認されたのは初めてです。

2018/12/27テレ朝ニュース


pickup2 at 13:24|Permalink 防犯 

2018年12月24日

ネットで情報集め告別式中狙い空き巣。計937万円被害。

告別式で留守の民家などを狙って盗みを繰り返していたとして、県警捜査3課と小山、那珂川両署の合同捜査班は21日、窃盗や窃盗未遂などの疑いで、さくら市の無職の男(37、窃盗罪などで公判中)を追送検したと発表した。計42件、現金約870万円を含む計約937万円相当の被害を確認したという。

同課によると、2017年6月初旬ごろから今年8月6日までの間、小山市や芳賀町など県内の9市9町で、窓ガラスを工具で割るなどして民家に侵入し、現金や金庫を盗むなどした疑い。

空き家や告別式で留守中の民家を狙っており、告別式の情報はインターネットから得ていたという。

2018/12/22 下野新聞SOON

pickup2 at 18:42|Permalink 防犯 

2018年12月18日

宮城、クリスマスプレゼントの転売目的おもちゃ窃盗

多賀城市内のショッピングセンターで子どもに人気のおもちゃを盗んだなどとして、仙台市内に住む男が逮捕されました。男は「クリスマスプレゼント用に転売する目的で盗んだ」と話しているということです。

窃盗と傷害の疑いで逮捕されたのは太白区のアルバイトの容疑者(34)。容疑者は今月3日午後0時半ごろ、多賀城市内のショッピングセンターでおもちゃ5個、およそ2万5千円相当を盗み、
逃げる際に警備員の手を払いのけて軽いけがをさせた疑いがもたれています。

警察の調べに対し、容疑者は「クリスマスプレゼント用に転売する目的で盗んだ」と容疑を認めているということです。
廣瀬容疑者は先月22日にもおもちゃ12個、およそ6万7千円相当を盗んでいて、警察は県内各地で盗みを繰り返していたとみて調べを進めています。

2018/12/17 KHB東日本放送


pickup2 at 07:00|Permalink 防犯 

2018年12月17日

中古車販売店の駐車場からタイヤ盗んだ疑いで別の店に勤める男逮捕。

岐阜県岐南町で16日午前、会社員の男がタイヤを盗んだとして緊急逮捕されました。現場付近では11月下旬から、タイヤなどが盗まれる被害が3件相次いでいて、警察が関連を調べています。

逮捕されたのは岐阜県岐南町の中古車販売店社員(42)。容疑者は16日午前7時半ごろ、自宅近くにある岐南町薬師寺の中古車販売店の駐車場で置いてあったホイール付きのタイヤ4本、6000円相当を盗んだ窃盗の疑いが持たれています。

現場付近では11月下旬以降、中古車販売店からタイヤやバッテリーが盗まれる被害が3件あり、
警察が16日朝から警戒に当たっていたところ、後部座席にタイヤを積んだ普通乗用車を発見。
運転していた容疑者から事情を聞いたところ犯行が発覚し、緊急逮捕した。

2018/12/16 東海テレビ



pickup2 at 15:30|Permalink 防犯 

2018年12月14日

2階の窓狙い連続空き巣。容疑の男を逮捕送検。札幌中央署。

マンションの2階にある居室などに無施錠の窓から侵入し、現金や貴金属の窃盗を繰り返したとして、札幌中央署は13日までに、窃盗などの疑いで、住所不定無職の容疑者(39)を逮捕、送検した。

逮捕、送検容疑は9月上旬から10月中旬にかけ、札幌市中央区と同市東区のマンションの居室計4カ所に侵入し、現金約10万円や指輪など約10万円相当を盗むなどした疑い。

同署によると容疑者は1階に比べ、窓が施錠されていないことが多い2階の居室を狙ったと供述。住人の不在時に、外壁の配管や空調の室外機を足場に侵入していたという。
同署は、同容疑者がこのほか8月から10月にかけ、同様の手口で同市白石区や帯広市で21件の窃盗を重ね、被害総額が約450万円に上るとみて調べている。

2018/12/14北海道新聞

pickup2 at 13:59|Permalink 防犯 

2018年12月11日

窃盗の疑いで男3人逮捕。携帯電話販売店から商品39点。

いわき東署は盗みなどの疑いで埼玉県春日部市のトラック運転手の男(53)、
埼玉県鶴ケ島市の自営業の男(52)の両容疑者、盗みの疑いでさいたま市の飲食店従業員の男(32)を逮捕した。

逮捕容疑は、3人は7月29日午後11時ごろ、いわき市の携帯電話販売店に侵入し、タブレットやスマートフォンなど39点(計約316万円)を盗んだ疑い。

2018/12/11福島民友新聞

pickup2 at 11:48|Permalink 防犯 

2018年12月09日

容疑者からの預かり金盗む 容疑の警視庁巡査長を書類送検

警察署に勾留中の容疑者から預かっていた現金を盗んだとして、警視庁は7日、窃盗容疑で、滝野川署警務課留置係の男性巡査長(31)を東京地検に書類送検し、懲戒免職処分にした。監督責任を問い、当時同課の上司だった男性警部(54)ら3人も警務部長訓戒や所属長注意などの処分にした。

書類送検容疑は、8月8日午後、同署1階事務室の金庫で保管していた容疑者からの預かり金数十万円のうち、10万円を盗んだとしている。

巡査長は、容疑者の弁当代などの費用を預かり金から補充する際、10万円を余分に抜き取っていた。署が8月15日に預かり金の一斉点検を行った際、残高と帳簿の記録が合わず、内部調査を行って発覚した。

2018/12/7産経新聞

pickup2 at 12:17|Permalink 防犯 

2018年12月08日

甲府などで高級ワイン万引 被害総額1450万円

甲府署は5日、甲府市内で高級ワインを万引したとして、窃盗容疑で逮捕した愛知県豊橋市藤沢町、自称不動産業の被告(36)=窃盗罪で起訴済み=の余罪5件を解明し、甲府区検に送致した。

同署によると、被告は10月3〜4日、長野市、長野県松本市、上田市の各1軒、甲府市の2軒の酒類販売店で計29本、被害総額677万円余のワインの万引を繰り返したとしている。最高額は1本100万円で、すべて外国産だった。

同被告は同4日正午ごろ、甲府市内のレストランで店員の隙をみて、ワインセラーにあった外国産ワイン4本(販売価格計780万円)を盗んだとして、緊急逮捕された。

2018/12/6産経新聞

pickup2 at 16:51|Permalink 防犯 

2018年12月07日

記事タイトル盗品転売容疑で逮捕の男 窃盗容疑で再逮捕 神奈川県警

空き巣に入ってパソコンなどを盗んだとして、神奈川県警多摩署は6日、窃盗容疑で千葉県流山市中野久木の無職の容疑者(28)=盗品等処分あっせん容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。容疑を認めている。

再逮捕容疑は10月19日午前6時ごろから午後11時15分ごろまでの間に、川崎市多摩区登戸の男性会社員(35)宅に侵入し、ノートパソコンと掃除機各1台、音楽CDなど約30点を盗んだとしている。

容疑者は10月21日に盗品である家電製品をリサイクルショップに売却したとして、11月17日に逮捕されていた。同署によると、容疑者は取り調べに対して「他にも20件ほどやった。遊興費や生活費が欲しかった」などと供述しており、同署は転売目的で空き巣を繰り返していたとみて余罪を捜査する方針。

2018/12/6産経新聞

pickup2 at 15:02|Permalink 防犯 

2018年11月14日

リンゴ盗難相次ぐ。昨年10倍超の1万3000個。青森。

青森県でリンゴの盗難被害が続出している。警察に被害届があっただけでも昨年の10倍以上の1万3000個が盗まれた。産地では農家の高齢化や労働力不足などから、収穫を業者に委託するケースが増えている。窃盗団は委託業者などと見分けがつかず、白昼堂々と盗みを働いているとの見方もある。

青森県警によると、リンゴの窃盗は10月から相次ぎ、被害届は12日時点で5件。弘前市で「ふじ」約4300個(50万円相当)が盗まれた他、つがる市でも「ふじ」約5000個(40万円相当)がもぎ取られた。その他、青森市で約800個、平川市で約1640個、黒石市で約1200個と、合わせて約1万3000個もの被害があった。17年は2件の被害届で、約1030個の被害だった。

被害届を出さない農家も多いとみられ、県やJA関係者によると「届け出は氷山の一角」との見方が強い。

盗難の手口について、県りんご果樹課は「集団でやって来て白昼堂々と盗んでいくことがある」と危機感を示す。農家の人手不足から、農家が収穫を業者に委託するといったことがあり、収穫か盗難か見分けが付かないこともあるという。


2018/11/13日本農業新聞

pickup2 at 09:39|Permalink 防犯 

2018年11月02日

渋谷ハロウィーン13人逮捕 無法状態の祭りに有料化など対策検討

ハロウィーン当日の31日夜から1日朝にかけて、東京・渋谷の繁華街では仮装した若者らで混乱が続いた。多くの警察官や機動隊員が警戒する中でトラブルが相次ぎ、痴漢や窃盗などによる逮捕者は13人を数えた。渋谷区の長谷部健区長は来年以降について近くの代々木公園を利用したり、有料制にするなど規制を検討することを明らかにした。

日付が変わり最終電車の時刻が過ぎても、コスプレの聖地と化した渋谷の騒ぎは収まらなかった。警視庁渋谷署が逮捕した13人は10〜40代の男で、容疑は都迷惑防止条例違反(痴漢)や窃盗、暴行、公務執行妨害や公然わいせつなど。すれ違いざまに女性の胸を触ったり、道路で寝ている男性のバッグから財布を盗んだ疑いなどで、警察官らに身柄を確保された。

明け方にもJR渋谷駅前のハチ公像の台座に上って踊ったり、スクランブル交差点で走りながら奇声を上げる人も。路上にはペットボトルや空き缶、タバコの吸い殻などが散乱。やがて早朝には、仮装した人を含むボランティアらが集まり、ごみを拾い清掃する姿が目立ち始めた。

週末に軽トラックが横転させられるなどの騒動を受け、区長も、「法令を守り健全に楽しんで」と呼び掛けたが、その声は結局は届かなかった。
地元住民や企業から約500人が参加したごみ拾いイベントの前にあいさつした区長は「楽しんだ人もいたが、不快な思いをした人もいる。国際都市としてにぎわいと安全の両立が課題」として、来年度予算にハロウィーン対策を盛り込む可能性に言及。
「代々木公園を使ったり、有料イベントにするアイデアもある。しっかり対策を練りたい」と具体案を交えて強調した。実現には公園の夜間使用や、イベントの場内整理など課題は多いという。それでも「この危機を乗り越えて発展していきたい」と強い決意を示した。

2018/11/2スポニチ

pickup2 at 09:51|Permalink 防犯 

2018年10月23日

札幌市南区の携帯電話販売店 最新スマホ約30台盗まれる 420万円分被害 周辺で窃盗事件10件

22日未明、札幌市南区の携帯電話販売店で、最新のiphoneなど約30台が盗まれました。札幌市周辺では同様の窃盗事件が相次ぎ警察が関連を調べています。

被害があったのは、札幌市南区真駒内上町の携帯ショップ。
22日午前3時30分ごろ、入口のガラスドアが壊されているのを警備会社からの通報で駆けつけた警察が見つけました。

警察が中に入ったところ、スマートフォンを保管していたロッカーの鍵が壊され新型のiphoneXSなど約30台、販売価格で420万円相当が盗まれていました。

警察によりますと、10月14日以降に札幌近郊を中心に新型のiphoneが狙われる窃盗事件が10件起きていて。警察は、同一グループによる犯行とみて調べています。

2018/10/23北海道ニュース

pickup2 at 19:50|Permalink 防犯 
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: