2007年11月

2007年11月25日

盗んだ重機を中国に横流し 被害15億4000万円

ベトナム人らが関東一円で重機窃盗を繰り返していた事件で、盗まれた重機の大半が最終的に中国に輸出されていたことが茨城県警の調べで分かった。被害は茨城を中心に1都7県で約220件、約15億4000万円に上る。

犯人グループは10人。平成15年以降、重機を盗み、坂東市など十数カ所の作業場で解体、中古重機として横浜港からベトナムに輸送。現地で組み立てられた重機の大半は陸路で中国に再輸出されていたという。
11月20日 産経新聞

pickup2 at 07:30|Permalink防犯 | 屋外

トラクター盗難被害、今月に7件発生 栃木

宇都宮市の農業の男性から、トラクターが盗まれたと警察に届け出があった。調べでは、トラクター(時価約200万円)は納屋に止めていた。普段、トラクターの鍵はハンドルの下に掛けたままだったという。
今月に入って同市南部と上三川町北部でトラクター盗難が計7件発生した。
同一犯の可能性があるとみて調べている。
11月23日 毎日新聞

pickup2 at 07:28|Permalink防犯 | 屋外

栃木でATM盗撮しカード偽造、容疑の兄弟逮捕

栃木県内の銀行の現金自動預け払い機コーナーに盗撮カメラを設置し、キャッシュカードを偽造して現金を引き出したとして、埼玉県警などは東京都内の無職の兄弟2人を建造物侵入の疑いで逮捕した。
東京都や静岡県でも現金を引き出していたとみられ、被害は数千万円に上る見通し。

容疑者は今年2月、栃木県内の銀行ATMコーナーに盗撮カメラを設置する目的で店内に侵入した疑い。盗撮した情報をもとに偽造したキャッシュカードを使い、同県内の銀行ATMから約150万円を不正に引き出した疑い。盗撮カメラは仲間の男が設置したとみられる。
11月21日 読売新聞

pickup2 at 07:23|Permalink防犯 | 金融機関

還付金詐欺900万円詐取の元国税徴収官を起訴

所得税の還付金が発生したように装って国から約899万円をだまし取ったとして東京地検特捜部は21日、埼玉県の元国税徴収官を詐欺と電子計算機使用詐欺の罪で起訴した。
起訴状によると、被告は東村山税務署に勤務していた02年8月〜05年6月、自分と名前の読みが同じ架空の人物に還付金が発生したという虚偽の情報を計11回にわたって職場の端末に入力。自分の銀行口座に約899万円を入金させて詐取した。
11月21日毎日新聞

pickup2 at 07:19|Permalink防犯 | 詐欺

殺人未遂、「肩がぶつかり」専門学校生刺す−京都

23日午後5時ごろ、京都市の路上で、男が専門学校生の男性の腹をナイフで刺し、走って逃げた。買い物途中の警備員が携帯電話で110番し、男の所在を通報しながら追跡。約5分後、現場の200メートルで急行したパトカーと合流し、「わしが刺した」と認めた男を殺人未遂と銃刀法違反の現行犯で逮捕した。
刺された男性は集中治療を受けており重傷。

容疑者は男性と肩がぶつかったことで口論。いったんは離れたが、引き返して「おまえ、なんやねん」と男性の胸元をつかみ、抵抗されたため持っていた果物ナイフで腹を刺したという。
11月24日 毎日新聞

pickup2 at 07:14|Permalink防犯 
最新記事
アクセスカウンター