2008年12月

2008年12月30日

顔にスプレー、4200万円奪われる、東京板橋

30日午後2時5分ごろ、東京都板橋区の路上で、飲食店経営会社の男性が、何者かにスプレーを顔に吹きかけられ、現金約4200万円が入った手提げバッグを奪われた。
男性は近くの銀行で現金を下ろし、車を会社近くに駐車して社内に入ろうとした際、襲われたという。

12月30日 読売新聞

pickup2 at 19:45|Permalink防犯 | 屋外

2008年12月28日

質店に2人組強盗、腕時計など高額被害 山梨笛吹

27日午前6時ごろ、山梨県笛吹市の質屋の警報機が作動していると警備会社から110番があった。署員が駆け付けたところ、店内のショーケースが割られ、高級ブランドの腕時計や財布など計90点(2000万円相当)と商品券60万円相当がなくなっていた。
防犯カメラには工具のようなものでドアガラスを割って侵入し、ショーケースから商品を盗んだ2人の姿が映っていた。

12月27日 毎日新聞

pickup2 at 08:43|Permalink防犯 | 一般店舗

2008年12月23日

マンション通路で女性殴りバッグ奪う、川崎

23日午前3時ごろ、川崎市川崎区のマンション通路で住人の女性が男に顔などを殴られ、現金約3万円が入ったバッグを奪われた。女性は全治1週間のけがを負った。
男は逃走した。

12月23日 産経新聞

pickup2 at 19:22|Permalink防犯 | マンション

2008年12月22日

閉店後のファミレスで店員縛り66万円奪う 茨木

22日午前2時ごろ、大阪府茨木市のファミリーレストランで、閉店後に目出し帽をかぶった男が押し入り、男性店員2人にナイフを突きつけ、店内の金庫を開けさせ売上金など約66万円を奪って逃げた。2人はが怪我はなかった。

12月22日信 産経新聞

pickup2 at 20:25|Permalink防犯 | 飲食店

市民病院で580万円盗難、事務所金庫から−大阪岸和田

22日、大阪府岸和田市の病院から、事務所内の金庫から現金がなくなっていると110番があった。現金約580万円が盗まれていた。
金庫は1階の医事課にあり、職員が午後6時すぎ、約580万円を収納。鍵は警備員室の収納箱に保管していた。翌日出勤した職員が金庫を開け現金がなくなっていることに気付いた。
金庫はこじ開けたような跡はなかった。
鍵は1本しかない、と説明しているという。 
12月22日 時事通信

pickup2 at 20:23|Permalink防犯 | 医院、診療所

2008年12月21日

高速バスで財布盗まれる、乗客、SAで3時間半足止め

20日、中央自動車道を走行中の新宿発名古屋行きのJR高速バスで、乗客の女性が財布がなくなったと運転手に申し出た。バスは談合坂サービスエリアで停車、通報で駆け付けた山梨県警署員が周辺を捜索したところ、女子トイレ内で女性の財布が見つかった。
財布からは現金とカード類が抜き取られており、乗客は約3時間半、同SAで足止めされた。

12月21日 時事通信

pickup2 at 07:09|Permalink防犯 | 屋外

2008年12月18日

スーパーに複数の男が強盗、500万円奪う 宮城

17日午後11時半ごろ、宮城県川崎町のスーパーで、男性従業員2人が閉店後に残業中、目出し帽をかぶった男2〜3人が押し入り、ナイフで脅し、店舗内の金庫から現金約500万円を奪って逃走した。
売上金と従業員の財布を奪った。従業員2人にけがはなかった。

12月18日毎日新聞

pickup2 at 19:23|Permalink防犯 | 百貨店、スーパー

2008年12月13日

犯罪情勢 通り魔、最多13件−11月まで警察庁まとめ

全国の警察が今年1〜11月に認知した刑法犯件数は前年同期比4.9%減の167万4773件で6年連続で減少したことが警察庁の調べで分かった。年間でも2年連続で200万件を下回る見通し。東京・秋葉原の無差別殺傷事件(6月)などいわゆる通り魔事件は13件、死傷者42人に上り、統計を取り始めた93年以降では最多となった。

検挙件数は53万5856件(前年同期比5.5%減)、検挙者数は31万3111人(同7.5%減)。ひったくりや自販機狙い、侵入窃盗が大幅に減少した。02年から増加傾向だった検挙率は前年同期の32.2%から32%と0.2ポイント減少した。

重要犯罪(殺人、強盗、放火、強姦(ごうかん)、誘拐、強制わいせつ)の認知件数は1万4666件(同6.9%減)で、このうち殺人だけが1200件(同7.4%増)と増加した。検挙されたうち511件(49.6%)は親族間殺人で、件数、割合とも前年同期に比べ増加した。

通り魔事件は前年同期比で5件増え、死者11人、負傷者31人に上った。1月に東京都品川区の戸越銀座商店街で2人が負傷。その後、秋葉原事件では死者7人、負傷者10人、茨城県土浦市のJR荒川沖駅事件(3月)では死者1人、負傷者7人と一度に大勢の人が犠牲になった。

また、高齢者(65歳以上)の刑法犯の検挙人数は前年同期比で137件増えて4万5059人。98年の1万3739人から毎年増加しており、年間でも過去最多の07年の4万8597人を上回る勢いとなっている。

12月12日 毎日新聞

pickup2 at 20:16|Permalink防犯 

2008年12月07日

医薬品卸業者を逮捕、少年が他店で万引き、神奈川

少年らが盗んだ市販薬を転売したとして、神奈川県警は5日までに、盗品等有償譲り受け容疑で東京都の医薬品卸販売の社長ら2人と元少年を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

容疑者はインターネットを通じ少年を薬局の万引き実行役として雇い盗んだ医薬品を売ったとされ、首都圏のほかに山梨、新潟両県の薬局で500件、約2500万円の被害があったとみて裏付けを進める。

12月5日 時事通信

pickup2 at 09:50|Permalink防犯 | 一般店舗

仏像盗難被害計155点、1200万円 古物商2人追送致

静岡県内で相次いで発覚した仏像盗難事件で、2006年ごろから23件の窃盗事件を繰り返したとして古物商の被告2人が建造物侵入と窃盗の疑いで追送致された。被害は計25件で仏像など計155点、総額約1200万円に上る。

2人は06年ごろから今年9月まで、掛川市から静岡市までの地域で、無人の寺などに侵入し仏像などを盗んだ疑い。盗んだ仏像などは競売で売却し、約500万円の利益は2人で生活費などに充てたとみられる。

12月6日 毎日新聞

pickup2 at 09:46|Permalink防犯 | 宝石、貴金属店
最新記事
アクセスカウンター