2016年01月

2016年01月24日

橋名板2枚盗難 福島、相馬 県内被害計42枚に

橋名板やトンネル標示板の盗難が東北地方で相次いでいるのを受けた福島県の点検で、新たに橋名板2枚の被害が見つかった。これまでに明らかになっていたのと合わせ、県内の被害は42枚となった。県道路管理課が20日、発表した。
新たに分かったのは、399号国道八方塚橋(福島市飯坂町)と県道相馬大内線新北川原橋(相馬市黒木)の橋名板1枚ずつ。
予定していた約4300カ所の橋と147カ所のトンネルの点検を終えた。冬期通行止めのためできなかった約300カ所の橋と7カ所のトンネルは通行止め解除後に調べる。

宮城県警塩釜署が窃盗の疑いで逮捕した本籍宮城県の住所不定無職の容疑者(40)からの押収品には県内のトンネル標示板なども見つかっており、県警と宮城県警などが関連を調べている。

福島民報 2016年月21日



pickup2 at 13:18|Permalink防犯 | 屋外

神奈川合同庁舎で現金盗難、金庫保管、こじ開けた跡なし

神奈川県は22日、神奈川県平塚市西八幡の神奈川県平塚合同庁舎本館で、金庫内に保管されていた現金計約150万円が盗まれたと発表した。金庫や各部屋のドアにこじ開けた形跡はなかったという。県警平塚署は窃盗事件として調べている。

県によると、3階に入る平塚水道営業所の職員が同日午前7時ごろ登庁した後、金庫の扉が半開きになっているのを発見。保管されていた現金142万5000円がなくなっていた。

庁舎内を調べたところ、2階の湘南地域県政総合センターでも現金6万3000円が、4階の平塚土木事務所では3万円が、それぞれ金庫からなくなっていた。総合センターが保管していた庁舎内各部屋のマスターキーもなくなっていた。いずれの部屋も最初に職員が登庁した際、ドアの鍵は掛かっていたという。

時事通信 2016年1月22日

pickup2 at 13:12|Permalink防犯 

川越などの携帯電話店4店舗で窓やドアのガラス割られる

23日未明、鶴ケ島、坂戸、川越の3市にある携帯電話店4店舗でドアや窓のガラスが割られる事件が相次いで発生した。4店舗は約10キロ圏内でほぼ直線上に位置していた。盗難被害は確認されておらず、県警は同一犯の可能性もあるとみて、窃盗未遂事件として捜査している。
西入間署によると、23日午前0時5分ごろ、鶴ケ島市脚折の携帯電話店の窓ガラスが割られていると警備会社から110番通報があった。約1時間20分後には警察官が3キロ離れた坂戸市坂戸の店舗でドアガラスが割られているのを発見した。
川越署管内では午前1時台に川越市的場と同市吉田新町の2店舗で、ドアガラスが割られていると警備会社から110番通報があった。

産経新聞 2016年1月24日


pickup2 at 13:11|Permalink防犯 

2016年01月13日

景品交換所で換金した男性狙う 少年2人

東京青梅市で、パチンコの景品交換所で換金した男性を木刀で襲い、現金を奪ったなどとして少年2人が逮捕された。

強盗と窃盗の疑いで逮捕されたのは、都内に住む17歳と19歳の無職の少年2人。警視庁によると、少年2人は、去年9月、青梅市内で、パチンコの景品交換所で換金した46歳の会社員の男性を追いかけて、木刀で首を押さえつけるなどして現金1万円などが入った財布を奪った疑いがもたれている。また、襲われた男性が乗り捨てた自転車を盗んだ疑いも持たれている。

日本テレビ系(NNN) 2016年1月13日


pickup2 at 21:04|Permalink防犯 | ひったくり

新人バイト装いレジ金盗む、男子高校生逮捕

去年10月、東京・新宿区のコンビニエンスストアで、新人アルバイトを装って訪れ、売上金を盗んだとして、18歳の男子高校生が逮捕された。都内では同様の事件が計14件相次いでいた。

警視庁によると、窃盗の疑いで逮捕された高校3年生の少年は、去年10月の深夜、新宿区のコンビニに新人アルバイトを装って訪れ、店員が目を離した隙に、レジから17万5000円を盗んだ疑いがもたれている。少年は調べに対し、容疑を認めているという。

都内では去年8月以降、コンビニ関係者を装う同様の手口の事件が、新宿区や渋谷区などを中心に計14件起きていて、全て外国人店員がいた時に起きていたという。

被害にあった新宿区の別のコンビニでは、去年8月の深夜、外国人店員2人が勤務中に、新人アルバイトを装った男が訪れ、店員がレジの打ち方を教えた後、目を離した隙に、約15万円を持って逃げたという。

日本テレビ系(NNN) 2016年1月13日

pickup2 at 21:03|Permalink防犯 | コンビニエンスストア

2016年01月10日

橋やトンネルの真ちゅう製プレート45枚、東北3県で盗難

宮城県と山形県、岩手県の東北3県の複数の橋やトンネルで、名前などを書いた板が盗難に遭っていることが9日までに分かった。先月から今月にかけ、少なくとも45枚の板がなくなっていた宮城県では、何者かが転売目的で持ち去った疑いがあるとみて、同県警は窃盗容疑で捜査を始めた。

宮城県警によると、少なくとも6市町村で板がなくなっているのが明らかになった。うち白石市では、昨年12月8日に国道113号線の白石川に架かる新小原大橋で、橋の名と竣工(しゅんこう)年月、川の名がそれぞれ入った縦55センチ、横15センチ、厚さ2・5センチの真ちゅう製の板3枚(計約3万円相当)の盗難が見付かった。板はねじを外され、持ち去られていた。現場は、夜間になると交通量が少なくなる場所だという。

また、山形県では8日までに尾花沢市内の橋などで居たが86枚なくなっていることを県が確認。岩手県では奥州市で橋の名が書かれた板と、欄干の上部に取り付けられた真ちゅう製の装飾品である「擬宝珠(ぎぼし)」が盗まれたとして、窃盗容疑で同県警が捜査している。

スポーツ報知 2016年1月9日


pickup2 at 12:03|Permalink防犯 | 屋外

オープン直前の呉服店で3千万円相当盗難

9日朝、茨城県守谷市でオープン直前の呉服店から着物や帯など計140点、総額3000万円相当が盗まれる事件があった。

警察によると、窃盗被害にあったのは茨城県守谷市にある呉服店で、9日午前8時頃、出勤してきたオーナーの男性が、店の窓が割られ、店内が荒らされていることに気付き、110番通報した。

オーナーによると、盗まれたのは着物や帯など約140点、約3000万円相当に上り、ほかに10万円ほどの現金がレジごと持ち去られていたという。

呉服店は、少し離れた旧店舗から移転して、9日がオープン初日だった。オーナーは前の日の午後6時には店を閉めたということで、警察は呉服店のオープン前夜を狙った計画的な犯行の可能性も視野に捜査している。

日本テレビ系(NNN) 2016年1月9日

pickup2 at 12:02|Permalink防犯 

2016年01月06日

65歳男を鋼管など200点盗んだ容疑で逮捕

福岡県警春日署は5日、住所不定無職の男を建造物侵入および窃盗容疑で逮捕した。調べでは、男は昨年10月29日夜、福岡県那珂川町の資材置き場に侵入。
鋼管など約200点(時価合計約12万円相当)と貨物自動車1台(時価約180万円相当)を盗んだ疑い。

西日本新聞 2015年1月5日

pickup2 at 10:54|Permalink防犯 | 屋外

スーパー敷地内の室外機盗む 容疑で少年4人を逮捕

スーパーマーケットの敷地内にあったエアコンの室外機を盗んだとして、神戸西署は5日、窃盗容疑で、神戸市内と明石市内の17〜18歳の少年4人を逮捕したと発表した。同署によると、いずれも容疑を認め、「売った金をパチンコや食事代などに使った」などと供述しているという。

逮捕容疑は共謀し、平成27年9月14日午前4時15分ごろ、神戸市西区森友のスーパー敷地内にある宝くじ売り場から、室外機1台を盗んだとしている。

同署によると、4人は盗んだ室外機を同区内の金属回収業者に売っていたという。昨年9月には、同区内で10件の室外機盗が相次いでおり、同署は関連を調べている。

産経新聞 2015年1月6日

pickup2 at 10:52|Permalink防犯 | 屋外
最新記事
アクセスカウンター