2006年02月01日

茨木で空き巣急増、古いマンション狙い

ピッキングなどで防犯設備が手薄なマンションを狙う空き巣が大阪府で急増し、パスポートや数珠など小物も根こそぎ盗まれる被害も相次いでいることが府警の調べでわかった。防犯体制の整わない古いマンションが比較的多いのが一因とみられるが、周辺市が空き巣被害が減少しているのに比べ、同市の被害がなぜか突出。同署などは警戒強化を始めた。
(産経新聞) 2月1日

pickup2 at 22:36│TrackBack(0)防犯 

トラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター