2006年06月24日

盗品と知りながらカーナビ買い取り容疑で3人逮捕

広域窃盗グループが持ち込んだカーナビを盗品と知って買い取っていたとして、京都、福井、徳島、滋賀の各府県警は22日、
京都府宇治市の自動車用品販売買い取り店の経営者と従業員らを盗品等有償譲り受けの疑いで逮捕した。

3容疑者は昨年7、窃盗罪で公判中の男が持ち込んだカーナビなど2点を、盗品と知りながら買い取った疑い。容疑を認めているという。
盗品を持ち込んだ男は窃盗グループのリーダー格で、2〜4人で近畿、中部、四国地域を移動し、夜間に駐車車両のカーナビなどを盗んでいたという。グループは03年5月〜05年7月に約500件の盗みをしたと自供、府警などは11府県で約4
00件(被害総額約4939万円)について確認。
(毎日新聞) 6月23日

○○○

盗品と分かっていながら、設ければいいと思って買い取りをする業者の存在が問題になった事件。この手の業者がいる限り、窃盗事件は無くなりません。

車の防犯グッズ、バイクの防犯グッズ、敷地への不審者の防犯対策


pickup2 at 08:16│TrackBack(0)防犯 

トラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター