2007年05月22日

事務所荒らし、警報解除機器をネットで入手、3容疑者逮捕

警備会社の社員用に配られた警報装置を解除する機器をインターネットで購入し、事務所荒らしを繰り返していたとして、警視庁捜査3課と愛宕署は22日、東京都内の3容疑者を窃盗と建造物侵入容疑で逮捕したと発表した。被害は04年2月から東京、千葉、埼玉の1都2県で約150件、約8000万円に及ぶ。

3課によると、3容疑者は通常は販売されていない解除用機器をネット上で入手。これを使い、同じ警備会社が警備するビルや事務所ばかりを狙っていた。警備会社がシステムを変更し、現在は機器は使えないという。

調べでは、3容疑者は05年6月、日本橋の会社事務所に侵入、コンピューター1台(約8万円相当)を盗んだ疑い。
5月22日 毎日新聞



pickup2 at 21:47│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター