2007年06月16日

中国人2人、保険証不正使用で逮捕、手術や入院繰り返す

不法滞在中の中国人が正規に滞在している別の中国人から借りた国民健康保険証を使うなどしたとして、兵庫県警に2容疑者が逮捕された。

顔写真が添付されていない国民健康保険証の本人確認は口頭でしかできないため、不正使用は後を絶たないのが現状。県警は組織的な犯行の可能性もあるとみて調べを進めている。
不法滞在中の容疑者が知人の国民健康保険被保険者証を借りて、本人になりすまし、今年1月〜4月、病院で手術や入院、治療などを数回受け、診療費のうち本人負担分を除く約35万円の支払いを免れた疑い。
6月13日 産経新聞

pickup2 at 06:36│ 防犯 | 個人情報
最新記事
アクセスカウンター