2007年07月15日

ヤミ金指南?手口、大阪の主婦が知人らの詐取カードで借金

大阪府の主婦が、コンビニエンスストアが発行するクレジット機能付きのポイントカードを知人の主婦ら約50人からだまし取り、約2000万円を勝手に借りていたことが、府警の調べなどでわかった。
ヤミ金融業者に手口を教わったと供述しており、府警は窃盗容疑などで立件する方針。

主婦は昨年、知人の主婦らに「夫の取引先の関係でポイントカードを作らせてほしい」と持ちかけ、インターネットでカードを申し込んだ。

申し込みの際、主婦は暗証番号を勝手に決め、メールアドレスも自分のものを記入。カードは受け取る際に本人確認書類の提示が必要な「本人限定受取郵便」で知人らに配達されたが、主婦は「それは仮のカード。正規のものと交換する」と偽って手に入れ、1枚につき10万〜50万円を勝手に借り出していた。
7月14日 読売新聞

pickup2 at 06:55│ 防犯 | 詐欺
最新記事
アクセスカウンター