2008年05月10日

ATM点検警備員が150万円盗む 京都府警、容疑で逮捕

現金自動預払機(ATM)の点検中に現金を盗んだとして、窃盗の疑いで京都府の警備会社社員の容疑者を逮捕した。
容疑者は2日午前7時ごろ、京都市の郵便貯金銀行のATMから現金約150万円を盗んだ疑い。容疑者はATMの異常を知らせる通報を受けて点検した際、鍵を使ってATMを開けて現金を抜き取った。調べに対し「金に困ってやった」と供述している、という。

5月5日 京都新聞

pickup2 at 08:40│ 防犯 | 金融機関
最新記事
アクセスカウンター