2008年05月24日

ATM盗撮グループ、指示役の中国人、再逮捕 群馬

中国人らのグループが現金自動受払機に盗撮カメラを設置、偽造カードで現金を引き出していた事件で、埼玉など5県警の合同捜査本部は20日、実行犯の指示役とされる中国籍の被告を建造物侵入容疑で再逮捕した。

容疑者は仲間数人と共謀し、07年2〜3月、栃木県の銀行のATMコーナーに、カメラを設置する目的で計11回侵入した疑い。一部を否認しているという。
一連の事件で、2005年〜2007年、群馬銀行などの計約140口座から、総額1億1160万円が不正に引き出された。
5月21日 毎日新聞

pickup2 at 08:52│ 防犯 | 金融機関
最新記事
アクセスカウンター