2009年02月04日

19府県でゴルフ場荒らし、7年間で950万円相当盗む

ゴルフ場の茶店に狙いを定めた窃盗犯が逮捕された。広島県警は2日までに、ゴルフ場などを転々としながら現金や食料品を繰り返し盗んだ容疑で無職の男を送検した。富山、石川など19府県で216件、計950万円相当の盗みをしたとみて捜査していた。盗んだ現金は約755万円、送検したのはこのうち25件。

被告は2002年から08年の約7年間でゴルフ場のコース途中にある茶店を狙い、ガラスを割って侵入。冷蔵庫にある酒を飲むと、その場にあった材料を使ってチャーハンなどを作り、満腹になると、金庫を探し、バールなどを用いて現金を盗んでいたという。

2月3日スポーツ報知


pickup2 at 06:37│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター