2009年05月30日

害総額は5000万円超か ネット口座への不正アクセス事件

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のメガバンク3行の預金がネットバンキングで不正に移し替えられた事件で、被害額が3500万円以上に上ることが28日、警視庁と茨城県警の捜査本部の調べで分かった。ゆうちょ銀行や常陽銀行でも被害が確認されており、被害総額は5000万円程度にふくらむとみられる。


警視庁ハイテク犯罪対策総合センターなどは、不正アクセス禁止法違反や窃盗の疑いで、茨城県や東京都の20〜50代の男12人を逮捕している。逮捕容疑は昨年6月ごろ、神奈川県の60代の女性に作らせたネット口座に不正アクセスし、380万円を第三者の口座に移し替えて、引き出したとしている。

複数の銀行関係者によると、犯行グループはリフォーム会社や保険会社を名乗り、顧客に「還付金がある」などと電話をかけてネットバンキングに申し込ませ、「還付手続きのため暗証番号が必要」などとうそを言って暗証番号やパスワードを不正に入手していた。


捜査関係者によると、被害は3行だけで約10口座、計3500万円に上るとみられ、ゆうちょ銀や常陽銀の被害を合わせると、総額は5000万円程度にふくらむ可能性もある。被害は昨年6月ごろに集中しているが、ゆうちょ銀ではその後も被害が続いていた。

銀行のネットバンキングサービスは、預金の残高照会や他口座への振り込みはできるが、引き出しはできない。犯人グループは別の口座に振り込む形で現金を移動させ、その後、ATM(現金自動預払機)で下ろしていた。

5月29日 産経新聞


pickup2 at 08:47│ 防犯 | 金融機関
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: