2010年07月07日

貨物駅の工事現場で鉄板盗難

鉄道運輸機構国鉄清算事業団西日本支社は7日、建設中の吹田貨物ターミナル駅の工事現場から、約15トン分の鉄板約770枚(約515万円相当)が盗まれたと発表した。
盗まれたのは線路をつなぐ継目板と呼ばれる鉄板。
工事現場のフェンスや出入り口の鍵は壊されておらず、作業中に何者かがトラックで持ち出した可能性もあるとみて調べている。

7月7日 産経新聞


建築現場、新築現場での盗難防止、防犯対策



pickup2 at 21:50│ 防犯 | 屋外
最新記事
アクセスカウンター