2010年12月25日

郵便局150万円盗難、30キロの出入金機ごと

25日午前3時40分頃、兵庫県小野市市場町の市場郵便局で、窓口カウンター下の約150万円入りの自動出入金機(縦約30センチ、横約55センチ、高さ約65センチ、約30キロ)が盗まれているのを、警備会社からの110番で駆けつけた県警社署員が見つけた。

発表によると、郵便局は24日午後6時20分頃、退出した局員が施錠していたが、出入り口付近の窓ガラスが窓枠ごと工具のようなもので取り外されていた。

同市内では先月26日にも南東約2キロの小野樫山簡易郵便局で約300万円入りの自動出入金機が盗まれており、同署は手口が似ていることから、同一犯の可能性があるとみている。


読売新聞 12月25日

pickup2 at 20:59│ 防犯 | 金融機関
最新記事
アクセスカウンター