2010年12月29日

貨物駅建設現場、鉄製部品1.7トン盗難

鉄道・運輸機構国鉄清算事業西日本支社は29日、大阪府吹田市で建設中のJR貨物吹田貨物ターミナル駅(仮称)で、レールをつなぐ継目板」45本や、レールと枕木の間に挟むプレート50枚、ボルト100本などの鉄製部品(計1・7トン、約100万円相当)がなくなり、吹田署に被害届を出したと発表した。
同署が窃盗容疑で調べている。

敷地内では別の場所で7月、約15トン分の継目板がなくなっているのが見つかっていた。

読売新聞 12月29日


建築現場、新築現場での盗難防止、防犯対策



pickup2 at 21:09│ 防犯 | 屋外
最新記事
アクセスカウンター