2011年02月07日

元、鍵屋、経験悪用して空き巣

マンションの一室に侵入して衣服を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、東京都板橋区南の無職の容疑者(37)を逮捕した。

同課は、容疑者が昨年9月から板橋、豊島、練馬各区で、ドア内側に特殊工具を差し込み、施錠つまみを直接開けるサムターン回しで約50件、被害総額約150万円の窃盗を重ねたとみて捜査。女性の下着や身分証明書、はがきなどを盗むことがあったといい「下着を盗むと快感があった」とも供述している。

容疑者は都内のカギ修理業者に勤務経験があり、ドアを破る特殊工具を手作り。犯行の際は尾行を警戒し、見通しの良い場所を電動自転車で移動していたという。

産経新聞 2月7日

pickup2 at 22:41│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター