2011年06月30日

自販機燃やし現金盗む 容疑の少年グループを逮捕

自動販売機に火をつけて燃やして現金を盗んでいたとして、埼玉県警少年捜査課などが窃盗容疑で草加市内の無職少年ら10数人を逮捕していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。自販機を燃やして現金を盗むという手口は異例という。

少なくとも今年1月ごろから、草加市など県東部で、路上に設置されている清涼飲料水などの自販機が放火され、内部から現金が盗まれる被害が約90件発生。現金被害は小銭が中心だが、自販機本体の損害も含めると、被害額は数千万円単位に上るという。また、犯行現場は住宅街が多く、自販機から出た火が民家に燃え移ったこともあった。



産経新聞 6月30日


pickup2 at 22:07│ 防犯 | 屋外
最新記事
アクセスカウンター