2011年10月23日

ウガンダ人ら車窃盗団、解体し輸出、被害19億

車を盗んで売買を繰り返したとして、千葉県警は21日、ウガンダ人らの窃盗グループを摘発し、窃盗容疑などで日本人を含む56人を逮捕したと発表した。

ヤードと呼ばれる自動車解体作業場を拠点としたグループで、被害は、関東の5都県で2007年4月から計約1300台、約19億3688万円に上るという。

逮捕されたのはウガンダ人15人、ナイジェリア人1人と日本人40人。グループは主にトヨタハイエースやクレーン付きトラックを盗んで車両を解体し、部品にしてコンテナに詰め、船便でウガンダなどに輸出していたという。

読売新聞 10月21日



事務所や店舗、飲食店など業種別の防犯対策
住宅、事務所や店舗、飲食店、診療所など業種別の防犯対策、セキュリティシステム



pickup2 at 08:23│ 防犯 | 屋外
最新記事
アクセスカウンター