2011年11月17日

「ハイエース」狙い盗む、容疑で窃盗団39人を摘発−神奈川県警

盗まれたトヨタのワゴン車ハイエースを保管したとして、神奈川、茨城など6県警の合同捜査本部は16日までに、盗品等保管の疑いで、ナイジェリア人の男を逮捕し、主にハイエースを狙った盗みを繰り返した窃盗組織の実行犯ら計39人を窃盗容疑などで摘発した。県警によると被害車両は約千台、被害額13億円に上るという。

逮捕されたのは、相模原市の輸出業の容疑者。摘発されたのは男女39人で、うち日本人は29人で、ほかカメルーン、タイ、ナイジェリア人など。
逮捕容疑は、3月2日ごろ、自宅近くのヤードと呼ばれる資材置き場兼解体作業場で、藤沢市などで盗まれたハイエース3台などを盗品と知りながら、保管した、としている。

県警によると、輸出業の容疑者は、日本人らで組織する5グループに盗みを依頼。ハイエース3台1セット約45万円で買い付けていた。車両はヤードで解体、ナイジェリアに向けて輸出していた。同容疑者は容疑を否認しているという。

カナロコ 11月16日


pickup2 at 21:58│ 防犯 | 屋外
最新記事
アクセスカウンター