2011年11月24日

ゲームソフト56本万引き容疑 135万円 少年逮捕

家電量販店で大量にゲームソフトを万引したとして、警視庁少年事件課は、窃盗(万引)の疑いで、川崎市に住む少年3人を逮捕した。少年らが今年6〜9月、1都5県の家電量販店などから万引した400万円相当のゲームソフトを、中古ソフト買い取り店に転売し、約135万円を得たとみている。
高額で買い取ってもらえるゲームソフトを狙ったなどと供述しているという。

少年らは、店員に隠れて非常口で防犯タグを取り外して、ゲームソフトを店外に持ち出し、すぐに近くの買い取り店で転売していたという。


産経新聞 11月24日



事務所や店舗、飲食店など業種別の防犯対策
住宅、事務所や店舗、飲食店、診療所など業種別の防犯対策、セキュリティシステム



pickup2 at 20:56│ 万引き | 一般店舗
最新記事
アクセスカウンター