2014年12月06日

ストリートビューで人目につかぬ場所物色し盗み

米グーグル社の無料地図サービス「ストリートビュー」で人けのなさそうな場所を探し、金庫破りなどを繰り返したとして、大阪など5府県警の合同捜査本部は、暴力団組員ら4人を窃盗容疑で逮捕し、約200件、計約1億5000万円相当の被害を裏付けて捜査を終えたと4日、発表した。

ストリートビューは、インターネット上で地図や街並みの画像を閲覧できるサービス。4人は、このサービスの画像で人目につかない場所を調査し、2011年11月〜昨年11月、近畿、中国、九州などの17府県で衣料品店や会社事務所を狙って盗みを重ねていた。

読売新聞 2014年12月5日

pickup2 at 21:26│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター