2015年08月13日

対馬仏像盗、韓国人の男に懲役6年 総額1億円相当 長崎

長崎県対馬市の寺から仏像や教典を盗み韓国に持ち出そうとしたとして、窃盗や関税法違反(無許可輸出未遂)などの罪に問われた韓国籍の自称住職(70)に、長崎地裁は13日、懲役6年(求刑懲役10年)を言い渡した。

裁判長は「被告は犯行を立案し、実行を主導するなど、最も重要な役割を果たした」と判決理由を述べた。弁護側は「客観的証拠による実証がなされていない」と無罪を主張していたが、裁判長は被告との共謀を認めた他の被告の供述を「信用性が高い」などとして、弁護側主張を退けた。

西日本新聞 2015年8月13日

pickup2 at 17:49│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター