2015年09月03日

新聞の訃報欄見て、葬儀日狙い空き巣50件の男送検

京都府警は、窃盗などの疑いで兵庫県伊丹市の無職の男を追送検しました。被告は2011年1月から今年4月までに、京都府など12都府県で約50件の空き巣を繰り返し、現金やブランドもののバッグなど合わせて4600万円相当を盗んだとされています。

警察によりますと、被告は「新聞の訃報欄を確認し、葬儀で留守の家を狙った」と供述しています。

テレビ朝日系(ANN) 2015年9月2日

pickup2 at 16:07│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター