2016年01月10日

オープン直前の呉服店で3千万円相当盗難

9日朝、茨城県守谷市でオープン直前の呉服店から着物や帯など計140点、総額3000万円相当が盗まれる事件があった。

警察によると、窃盗被害にあったのは茨城県守谷市にある呉服店で、9日午前8時頃、出勤してきたオーナーの男性が、店の窓が割られ、店内が荒らされていることに気付き、110番通報した。

オーナーによると、盗まれたのは着物や帯など約140点、約3000万円相当に上り、ほかに10万円ほどの現金がレジごと持ち去られていたという。

呉服店は、少し離れた旧店舗から移転して、9日がオープン初日だった。オーナーは前の日の午後6時には店を閉めたということで、警察は呉服店のオープン前夜を狙った計画的な犯行の可能性も視野に捜査している。

日本テレビ系(NNN) 2016年1月9日

pickup2 at 12:02│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター