2016年06月02日

墓の花筒150個盗んだ疑い、男を逮捕 銅製ばかり標的

霊園のお墓から銅製の花筒150個を盗んだとして、和歌山県警は1日、和歌山市の無職の容疑者(28)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認し、「盗みをするために霊園まで行った記憶はない」と話しているという。

和歌山東署によると、容疑者は昨年12月29日〜今年1月6日、和歌山市内の霊園内で、墓に供える花を立てる花筒150個(時価計135万円相当)を盗んだ疑いがある。花筒は県内の金属を扱う業者に売却されていたという。ステンレス製の花筒は盗まれていなかったという。
この霊園では昨年11月上旬から12月末にかけ、銅製の花筒130個が盗まれる被害があり、同署が関連を調べている。

朝日新聞デジタル 2016年6月1日

pickup2 at 21:37│ 防犯 | 屋外
最新記事
アクセスカウンター