2016年09月27日

客席に隠れ、店員が帰った後に現金盗んだ疑いで男逮捕

大手チェーンの居酒屋に忍び込んで現金を盗んだとして警視庁は、住居不定無職の容疑者(34)を窃盗などの疑いで逮捕し、26日発表した。「店員が帰るまで掘りごたつの中に隠れていた」などと手口を説明しているという。

捜査3課によると、逮捕容疑は7月7日未明、閉店作業中だった東京都荒川区の居酒屋の入り口から、店員に気づかれないように侵入。掘りごたつ式の客席の足元に約2時間隠れ、店員が帰宅した後、現金約8万6千円を盗んで逃げたとされる。

被害に遭ったのは全国展開するチェーン店。容疑者は「系列店でアルバイトした経験があり、金がある場所を知っていた。青森、東京、京都、大阪などで15回くらいやった」と話しているという。

朝日新聞デジタル 2016年9月27日


pickup2 at 21:21│ 防犯 | 飲食店
最新記事
アクセスカウンター