2016年12月04日

高性能爆薬「TATP」製造?窃盗の容疑者。

岐阜県警は3日、窃盗などの容疑で逮捕した容疑者宅から高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」が見つかったと発表した。
TATPは昨年11月のパリ同時テロで使われ、今年3月にベルギーの首都ブリュッセルで起きた同時テロの容疑者の関係先でも押収された。県警は爆発物取締罰則違反容疑で調べている。

TATPが見つかったのは、窃盗容疑などで逮捕された岐阜県多治見市の無職の男(37)の自宅。男は、同県土岐市のゴルフ場から現金約693万円を盗んだ疑いで、1日に逮捕された。自宅の捜索で白っぽい粉末の入った卵形のプラスチック製容器(直径6〜7センチ)2個を押収した際、男が「爆発物だ」と説明したため、県警が粉末の成分を調べていた。

読売新聞 2016/12/3


pickup2 at 12:00│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター