2017年02月07日

貨物自動車739台窃盗容疑、3人逮捕 11億円被害?

トラックなどの貨物自動車739台を盗んだなどとして、埼玉県警は同県久喜市の無職の容疑者(43)ら3人を窃盗などの疑いで逮捕・送検し、捜査を終えたと3日発表した。被害総額は合わせて11億円以上にのぼるという。

ほかに逮捕されたのは、同県八潮市の解体工(41)、同県加須市の無職の46)の両容疑者。3人とも窃盗罪などで公判中。

2011〜16年、県内を中心に10都県で主に建設会社や資材置き場に侵入し、3人で合わせて739台のダンプカーやトラックを盗むなどした疑いがある。盗んだ車は、茨城県内の自動車解体場で売却していた可能性があると同課はみている。

3人は、犯行に使う車や盗んだ車のナンバープレートを、盗んだ地元ナンバーに付け替えて目立たないようにしたり、盗んだ車をすぐには売却する場所に運ばず、道の駅などの大型駐車場で数日間放置して移動中の摘発を避けようとしたりしていたという。

朝日新聞デジタル 2017/2/4


pickup2 at 21:19│ 防犯 | 車、重機、駐車場
最新記事
アクセスカウンター