2017年07月05日

ハイエース中心160台、被害総額2億超、窃盗グループ摘発

自動車盗を繰り返したとして、茨城、栃木両県警は窃盗の容疑で茨城県つくば市の自営業の被告(29)、土浦市の会社員の男(29)ら窃盗グループの4人を逮捕した。グループは茨城、埼玉、千葉、栃木、群馬、福島の6県で173件、総額約2億1250万円相当の自動車やナンバープレートを盗んだ疑いがある。

茨城県警捜査3課によると、平成27年4月ごろから28年11月ごろまでに、トヨタのハイエースを中心に車160台と、ナンバープレート14枚を盗んだという。

2017/7/5産経新聞

pickup2 at 21:52│ 防犯 | 車、重機、駐車場
最新記事
アクセスカウンター