2017年12月17日

神社の屋根銅板盗難被害 滋賀で325枚、雨どいも

滋賀県警東近江署は16日、東近江市愛東外町の菅原神社で、ほこらの屋根などに敷かれていた銅板計約325枚と、本殿の銅製の雨どい1個(計約58万円相当)が盗まれたと発表した。同署が窃盗事件として調べている。

同署によると、銅板が盗まれたのは、境内にあるほこら2カ所と本殿を囲う塀の一部。神社は自治会が管理し、普段は人がいない。同日午前9時ごろに訪れた神主が、銅板がなくなっているのに気づいたという。

207/12/16京都新聞

pickup2 at 12:24│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター