2018年03月15日

プリウスばかり窃盗 福岡県警が容疑で男逮捕 偽の電子キー作成 同様の手口、全国で相次ぐ

特殊装置を使ってトヨタ「プリウス」を繰り返し盗んだとして、福岡県警は13日、窃盗などの疑いで同県直方市の自動車整備業の男(36)=窃盗罪で公判中、現在保釈中=を逮捕、追送検し捜査を終結したと発表した。

逮捕、追送検容疑は昨年7〜10月、同県直方市、同県嘉麻市、北九州市八幡西区の駐車場でプリウス3台を盗むなどした疑い。県警は県内でプリウス10台とトヨタ「アクア」1台(計約2100万円相当)の盗難被害を確認。男は「プリウスは人気が高く買い手がすぐ見つかるので狙った」と容疑を認めているという。

県警によると、男は駐車中の車をこじあけて「キープログラマー」という特殊装置で車のデータを入手した上、偽の電子キーを作成し、エンジンを誤作動させる手口で車を盗んでいた。


2018/3/14西日本新聞

pickup2 at 09:28│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター