2018年05月20日

自販機に細工、小銭盗み画策 82歳男を現行犯逮捕

自動販売機の硬貨投入口に細工をして、現金を盗もうとしたとして、大阪府警南署は17日、窃盗未遂の疑いで大阪市西成区の無職男(82)を現行犯逮捕した。

同署によると、男は硬貨投入口にレシートを入れて詰まらせ、別の客が硬貨を入れるまで待機。自販機が反応せず、その客があきらめて立ち去った後に、手持ちの小銭を何枚も押し込んで、釣り銭口から出てきた硬貨を一括して盗む手口だった。「30回以上やって5、6回成功し、1回で最高400円だった」と供述している。

逮捕容疑は16日午後4時40分ごろ、大阪市中央区千日前の自販機に細工し、現金を盗もうとしたとしている。付近で警戒していた署員が取り押さえた。「年金が底をついたので、即席麺を買うためにやった」と容疑を認めている。

自販機の販売業者は「50回以上被害に遭った」と話しており、同署が裏付けを進めている。

2018/5/17産経新聞


pickup2 at 12:45│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター