防犯

2017年06月29日

電線4.5キロ分窃盗事件、電柱登り切断、換金か―北海道警

北海道で今年に入り電柱の電線が盗まれる被害が相次ぎ、少なくとも滝川市、新十津川町、厚真町、苫小牧市の計8カ所で長さ約4.5キロ分に上ることが28日、北海道警への取材や発表で分かった。
道警は、電柱に登って工具などで電線を切断し、換金目的で盗んだとみて捜査している。

苫小牧署によると、今月にかけて厚真町清住の牧場と農道、苫小牧市弁天の農道で電柱の電線計約1.83キロが盗まれた。また、28日には、厚真町浜厚真の町道の電線約260メートルが盗まれたと北海道電力から被害の届け出があった。

滝川署によると、新十津川町や滝川市でも今月、計4カ所、約2.5キロ分の電線が盗まれていることが確認された。電線切断により一部で停電も発生したという。 


時事通信2017/6/28


pickup2 at 08:34|Permalink

2017年06月26日

漁船からガソリン抜き取る 容疑で少年逮捕

 漁港に係留中の漁船からガソリンを抜き取ったとして、堺海上保安署は24日、窃盗容疑で、堺市に住む会社員の少年(19)を現行犯逮捕したと発表した。少年は「自分の車の燃料に使おうと思った」と容疑を認めている。

同署によると、現場の漁港では5月中旬以降、同様の被害が数件相次いでいたため、警戒していた海上保安官が犯行に及ぶ少年を発見、その場で取り押さえた。同署はほかの被害との関連を調べる。

逮捕容疑は23日午前0時過ぎ、大阪府高石市の高石漁港に係留していた漁船3隻の燃料タンクから、ポンプを使ってガソリン9リットルを抜き取ったとしている。 

産経新聞2017/6/24


pickup2 at 21:55|Permalink

2017年06月20日

アパートなど46カ所侵入し窃盗、容疑の男送検

埼玉県の熊谷、深谷両市や群馬県内で窃盗を繰り返したとして、県警捜査3課と熊谷署、深谷署の合同捜査班は19日までに、窃盗、住居侵入などの疑いで、熊谷市のクリエイターの男(40)=常習累犯窃盗罪で公判中=をさいたま地検熊谷支部に送検、追送検し捜査を終結した。同課はこれまでに、窃盗など46件を確認(被害総額約300万円相当)、いずれも立件した。

送検、追送検容疑は昨年11月12日ごろから今年3月22日までの間、熊谷、深谷両市、群馬県内のアパートなど46カ所に侵入、現金約134万円、商品券やSDカードなど934点(時価合計約166万円相当)を盗んだ疑い。

同課によると、昨年11月ごろから、両市を中心に、アパート1階を対象とした空き巣事件が散発的に発生。周辺の防犯カメラ映像に不審車両や黒のジャージー姿でアパートに出入りする男の姿が映っており、男が浮上。県警は4月4日、住居侵入と窃盗容疑で男を逮捕していた。

埼玉新聞2017/6/19


pickup2 at 21:24|Permalink

2017年06月12日

店の金庫から10万円盗む 元従業員を逮捕

以前、勤めていた店に忍び込み、金庫から現金を盗んだとして、元従業員の男が逮捕された。

警視庁によると、窃盗などの疑いで逮捕された会社員の容疑者(38)は先月17日、東京・駒込の飲食店の玄関をバールを使ってこじ開けて侵入し、店の金庫から現金約10万円を盗んだ疑いが持たれている。容疑者は以前、この店で働いていたことがあり、店内の構造に詳しかったという。

日本テレビ系(NNN) 2017/6/10


pickup2 at 21:18|Permalink

南高梅、たるごと大量盗難 農家5軒で10トン

梅生産量日本一の和歌山県を代表する梅の高級品種「南高梅(なんこううめ)」が、県南部の梅農家の倉庫から、たるごと大量に盗まれる被害が相次いでいる。県警などによると、昨年2月以降、農家5軒で、たる約1000個分(約10トン、約523万円相当)が盗難。県警は手口などから同一犯の可能性もあるとみて窃盗容疑で捜査している。南高梅は近年価格が高騰しており、闇ルートで売却されているとみられる。

県警田辺署などによると、被害は2016年2月〜今年5月、みなべ町で3件、田辺市で2件あり、半径約5キロの範囲に集中。倉庫の南京錠が壊されるなどの手口が共通しており、一部は出荷直前を狙われていたという。
盗まれた梅は、農家が収穫後に塩漬けと天日干しを経た「白干し」と呼ばれるもの。その後、JAなどで味付けして梅干しとして販売される。


2017/6/10毎日新聞

pickup2 at 21:17|Permalink

2017年05月17日

9千万円超被害 銅製ケーブル盗、兵庫の男逮捕

播磨や丹波地域の太陽光発電所から銅製の送電ケーブルを盗んだとして、兵庫県警捜査3課と加西署、小野署が窃盗の疑いで、加古川市野口町の電気工事業の容疑者(38)を逮捕していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。盗んだケーブルの総延長は約32キロ、重量約18トンに及ぶとみられ、県警は、起訴済みの3件を含め、2015年3月から約2年間で計48件、約9100万円の被害を裏付けたとしている。

捜査関係者によると、容疑者は主に深夜、加古川市や丹波市、神戸市西区などの防犯態勢の手薄な山間部の発電所に1人で侵入。切断したケーブルをワゴン車で運び出し、加古川市内の金属買い取り業者でケーブルのまま転売していたという。転売によって約600万円の利益を得たと県警はみている。


容疑者は太陽光発電所のケーブル施工を手掛けており、配線やケーブル買い取り事情に熟知していた。同じ現場に複数回侵入し、離れたパネルの配線を狙ったこともあった。県警の調べに「早い場合は20分で盗めた。生活費やパチスロ代欲しさにやった」と供述しているという。

神戸新聞2017/5/17


pickup2 at 08:28|Permalink

2017年05月15日

ドアの換気口から開錠、窃盗疑い追送検 京都

京都府警捜査3課と田辺署などは11日、窃盗と住居侵入の疑いで、住所不定無職の男(21)=窃盗罪などで公判中=を追送検し、計92件(計約1200万円相当)の被害を裏付けた、と発表した。

追送検容疑は、昨年1月24日、京田辺市内の男性方に侵入し、腕時計やネックレスなど24点(計約120万円相当)を盗むなど、同1月15日〜12月23日に京都や滋賀など4府県で、民家に忍び込んで窃盗を繰り返した疑い。

府警によると、男は勝手口ドアの換気用開口部に手を差し入れ、解錠していた。「盗んだ金はパチンコ代や生活費に使った」と供述しているという。

京都新聞 2017/5/11


pickup2 at 21:24|Permalink

川口でひったくり 10分間に4件続発 埼玉

川口市で11日夜、路上を歩いていた女性がミニバイクの男にバッグをひったくられる被害が約10分間に4件相次いだ。川口署が窃盗、強盗致傷事件として、同一犯の可能性も視野に捜査している。

同日午後7時15分ごろ、同市芝下で、買い物に行く途中の女性(75)が後ろから来た男にカード類などが入ったバッグをひったくられた。その後、同様の被害が3件発生し、女子大生(19)が現金約1万1千円などが入ったバッグを奪われ、別の女性(77)はひったくられた際に転倒し、右肘に軽傷を負った。

産経新聞 2017/5/13


pickup2 at 21:10|Permalink

閉店後のコンビニから現金約160万円盗難 京都

13日午前5時ごろ、京都市山科区安朱北屋敷町のコンビニ店の事務所の金庫にあった売上金約300万円のうち、約160万円が盗まれた。

山科署によると、通行人から「不審な車が走り去った」と110番通報があり、同署員が駆けつけたところ、店正面の自動ドアが開き、事務所が荒らされていたという。

店の営業時間は午前0時までで、閉店後に現金が盗まれたとみられる。同署が窃盗事件で調べている。

産経新聞 2017/5/14


pickup2 at 21:08|Permalink

2017年05月03日

「サーティワン」狙い連続窃盗? 70万円被害の店も

1日午前6時ごろ、東京都世田谷区新町2丁目の「サーティワンアイスクリーム桜新町店」で店のガラスが割られている、と110番通報があった。店内から現金約70万円がなくなっており、玉川署は窃盗事件として捜査している。

約1時間前には同区砧1丁目の「サーティワンアイスクリーム砧世田谷通り店」で、「目出し帽をかぶった男が店をこじ開けようとしている」と通りかかった新聞販売所従業員から通報があった。成城署によると、窓ガラスが割られていたが金品の被害はなかったという。

朝日新聞デジタル 2017/5/2


pickup2 at 08:20|Permalink
最新記事
アクセスカウンター