損害保険

2006年03月11日

痴漢「疑わしい」、男性会社員に無罪判決

JR中央線の電車内で痴漢行為をしたとして、都迷惑防止条例違反の罪に問われた都内の男性会社員の判決が10日、東京地裁八王子支部であり、裁判官は「犯行があったかどうか疑わしい」などとして無罪を言い渡した。
男性は昨年4月午後11時45分ごろ、JR中央線新宿―中野駅間の電車内で女性会社員の尻を触ったとして女性に取り押さえられ、警視庁に現行犯逮捕された。

男性の弁護人によると、裁判官は判決で「被害者は尻を触られた感触のみで、位置関係から背後にいた男性を特定したに過ぎない」と指摘。「妻への配慮や仕事を休むことへの心配から虚偽の自白をしたことは理解できる」と自白の信用性も否定した。さらに、「逮捕、拘置について問題があったというべきだ」と捜査手続きを批判した。
男性は一度は犯行を認め、八王子簡裁から罰金20万円の略式命令を受けたが、異議を申し立て、裁判が行われていた。
(読売新聞) 3月11日

pickup2 at 20:36|PermalinkTrackBack(0)

2006年01月10日

大阪地裁:盗難防止装置付き車にも保険金支払い判決

最新の自動車盗難防止装置イモビライザーを装備していたことなどを理由に、車の盗難保険金を支払わないのは不当として、奈良県の男性が損害保険ジャパンに500万円の支払いを求めた訴訟で、大阪地裁は13日、全額の支払いを命じた。裁判官は「レッカー車で盗むことも不自然とは言えない」と指摘した。イモビライザー付きの車両を巡っては、保険会社側が盗難保険の支払いを拒否するケースが多く、同様の訴訟が相次いでいる。

判決によると、男性は自宅近くの契約駐車場にランドクルーザーを駐車。車がないことに気付き警察に被害届を出した。車にはキーに内臓した電子チップと車両のIDコードが一致しないとエンジンが始動しないイモビライザーが装備され、キーはすべて手元にあった。

保険金請求に対し、損保ジャパンは「IDコードは100万から200万通りあり、駐車場でイモビライザーを解除するのは不可能。盗難とは認められない」と支払いを拒否。

毎日新聞 2005年12月13日


pickup2 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
最新記事
アクセスカウンター