お寺、神社

2016年12月11日

橋銘板窃盗の捜査終結 49件、被害総額は668万円 静岡

の銘板が相次いで盗まれた事件で、菊川署は9日、計49件(被害総額約668万円相当)の盗難を既に窃盗罪で起訴されている牧之原市片浜の無職の被告(35)の犯行と裏付け、捜査を終結したと発表した。被告は「犯行を見られない橋を狙った」と容疑を認めているという。

同署によると、被告は2月から7月までの間に、県中・西部の橋で銘板計169枚を盗んだ。盗難事件は牧之原市内で22件、掛川市内で12件、菊川市内で9件、御前崎市内で5件、袋井市内で1件発生。被告は盗んだ銘板を切断し、金属買い取り業者に転売していた。

産経新聞 2016/12/10


pickup2 at 12:56|Permalink

2016年06月19日

仏像3体 お堂から盗まれる 滋賀

滋賀県米原市のお堂で仏像3体が盗まれていたことがわかりました。被害総額は約1350万円に上るということです。

仏像が盗まれたのは米原市の「梅香山慈雲院本荘観音堂」で、お堂にあった仏像4体のうち、「十一面観音像」など3体がなくなっていました。

中には約200年前に作られたとされるものもあり、被害総額は約1350万円に上るということです。

警察によりますと、お堂は地域の人が管理していて、今月1日に異常はありませんでしたが、16日午後5時ごろ、別の当番の人が訪れたところ、入り口の鍵が壊されているのに気づいたということです。

毎日放送 2016年6月18日


pickup2 at 17:09|Permalink

2015年04月04日

西芳寺で仏像盗難、庭園の茶室から―京都府警

4日午前9時半ごろ、京都市西京区の西芳寺から「仏像がなくなっている」と近くの交番に届け出があった。寺の庭園東側にある茶室に安置されていた木製の仏像がなくなっており、京都府警西京署は窃盗事件として捜査を始めた。

同署によると、盗まれたのは高さ約28センチの阿弥陀如来像1体。重要文化財などには指定されていない。住職が3日午前8時に茶室の扉を開けた際には異常なかったが、4日の同時刻に仏像がなくなっていた。施錠はしていなかった。

庭園には3日午後1時半〜午後4時ごろの拝観時間に約200人の観光客が訪れ、茶室は休憩所として開放していた。西芳寺は世界遺産に登録され、「苔寺」として知られる。 

時事通信 2015年4月4日

pickup2 at 21:15|Permalink

2013年01月30日

仏像盗難。韓国警察が容疑者拘束 対馬から持ち出す 

昨年10月、長崎県対馬市の神社や寺から国指定重要文化財の仏像などが盗まれた事件で、韓国警察は29日、被害品の仏像2体を韓国内で売却しようとしたとして、韓国人の男1人を文化財保護法違反などの容疑で身柄を拘束したと発表した。仏像は23日に文化財庁が確保。警察は日韓をまたにかけた窃盗団によるものとみて全容解明を急ぐ。

南部・釜山の税関当局や文化財庁によると、仏像は昨年10月8日、福岡発釜山行きの船で持ち込まれたが、港の文化財鑑定官室で「模造品」と判断され通関していた。鑑定官はその道30年のベテランだったという。

毎日新聞 2013年1月29日

pickup2 at 06:54|Permalink

2012年10月31日

全国の寺院狙う泥棒、寺院から680万円、被告を再逮捕 熊本

寺院から現金約680万円を盗んだとして熊本南署は30日、住所不定無職の被告(51)=住居侵入罪で起訴=を常習累犯窃盗容疑で再逮捕した。全国の寺院で数十件の窃盗をしたと供述しているといい、余罪を追及する。

容疑は7月28日午後7時50分ごろ、福島県伊達市の寺院併用住宅に無施錠の窓から侵入。タンス内の現金約680万円を盗んだとしている。
東北、関西、四国など寺院を狙って行脚。「寺には現金があると思った」と供述しているという。同署などが10日に県内での住居侵入容疑で逮捕していた。

毎日新聞 2012年10月31日



事務所や店舗、飲食店など業種別の防犯対策
住宅、事務所や店舗、飲食店、診療所など業種別の防犯対策、セキュリティシステム



pickup2 at 21:24|Permalink

2012年06月05日

寺から仏像など960万円相当盗難 滋賀長浜

3日午後2時半ごろ、滋賀県長浜市の寺院で、本堂から仏像3体(計700万円相当)と、掛け軸3本(計260万円相当)がなくなっているのを住職が見つけ110番した。2日には約500メートル離れた寺でも仏像1体と掛け軸2本が盗まれているのが見つかっており、滋賀県警長浜署は連続窃盗事件として捜査している。


産経新聞 6月4日


事務所や店舗、飲食店など業種別の防犯対策
住宅、事務所や店舗、飲食店、診療所など業種別の防犯対策、セキュリティシステム



pickup2 at 21:41|Permalink

2012年05月04日

石仏盗難 奈良 明日香

明日香村岡の岡寺で、奥の院の参道沿いに置かれていた石仏1体(高さ約30センチ、重さ約3キロ)がなくなっていることが分かった。同寺は橿原署に被害届を提出。同署は窃盗容疑で捜査している。

同寺によると、1日午前6時ごろ、参道を手入れしていた寺の関係者が、石仏がなくなっていることに気付いた。前日まではあったという。

産経新聞 5月4日


事務所や店舗、飲食店など業種別の防犯対策
住宅、事務所や店舗、飲食店、診療所など業種別の防犯対策、セキュリティシステム



pickup2 at 20:00|Permalink

2012年01月03日

賽銭箱丸ごと泥棒、重要文化財の神社被害 京都

2日午前6時半ごろ、京都府城陽市寺田の神社で、本殿(重要文化財)前にあった賽銭箱がなくなっているのを参拝者が発見、同神社が京都府警城陽署に届け出た。約1万円が入っていたとみられ、同署は窃盗事件として捜査している。

賽銭箱は木製で縦約60センチ、横約100センチ、高さ約60センチ。賽銭の取り出し口に南京錠がかけてあったが、箱自体は固定されていなかった。1日午後5時半ごろに神社関係者が日中の賽銭を回収して以降、盗難にあったとみられる。

産経新聞 1月2日



事務所や店舗、飲食店など業種別の防犯対策
住宅、事務所や店舗、飲食店、診療所など業種別の防犯対策、セキュリティシステム



pickup2 at 18:59|Permalink

2011年11月09日

柴又帝釈天でさい銭箱盗難 東京

葛飾区の柴又帝釈天で今月、さい銭箱が盗まれる被害があったことが分かった。亀有署が窃盗事件として捜査している。
さい銭箱は、1日午後8時ごろには浄行菩薩像の前に置かれていたが、翌日午前5時ごろにはなくなっていた。さい銭箱は、木製で幅83センチ、奥行きと高さは50センチ。中にあった金の額は不明という。


毎日新聞 11月9日


pickup2 at 20:37|Permalink

2011年11月01日

神社で銅板泥棒多発、3市町村で14件、奈良

神社などから銅板が盗まれる事件が多発している。県内で確認された被害は、9月末までで3市町村計14件。銅の高値を背景とした金属盗は全国で発生しているが、神社を狙ったケースは珍しいという。県警は窃盗事件として捜査しているが、昼間でも人通りの少ない現場が多く手がかりは乏しい。

十二社神社(川上村)では、板塀と建物の屋根部分の銅板計約250枚が7月中旬に盗まれた。住民が建物にはステンレスの波板で応急措置を施しており、今後、板塀に銅板を再び付ける。十数万円の費用がかかる見込みだ。

奈良県内では五條市と大淀町の神社やほこらが荒らされ、被害額は同神社を含め計約90万円。上北山村では屋根や装飾の大半をはぎ取られた神社も。いずれも神主が常駐せず人家から離れた場所で、長い間、人が入っていないため発生日時が特定できない例もあり捜査は難航。


毎日新聞 11月1日



事務所や店舗、飲食店など業種別の防犯対策
住宅、事務所や店舗、飲食店、診療所など業種別の防犯対策、セキュリティシステム



pickup2 at 19:27|Permalink
最新記事
アクセスカウンター