屋外

2018年02月11日

畑からブロッコリー20キロを盗んだ男逮捕

南島原市の畑からブロッコリー20キロを盗んだとして、自称、農業の男が窃盗の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、島原市の自称農業の容疑者(65)です。容疑者は7日夜7時すぎ、南島原市深江町の畑からブロッコリーおよそ20キロ、時価2万3千円相当を盗んだ疑いが持たれています。大量のブロッコリーを積んだ不審なトラックが停まっているのに気づいた被害者の知人が、畑の中に隠れていた容疑者を取り押さえ、駆けつけた警察官が窃盗の疑いで現行犯逮捕しました。

2018/2/8長崎放送

pickup2 at 08:25|Permalink

2018年02月02日

佐賀で畑の白菜500個消える 販売目的の窃盗か?

佐賀県の畑で白菜約500個(15万円相当)がなくなり、県警が窃盗事件として捜査していることが1日、同署への取材で分かった。野菜の価格が高騰する中、販売目的の可能性があるとみている。

署によると、1月31日午後2時ごろ、同町の農業の男性(66)が収穫で畑を訪れると、約2千平方メートルのうち約200平方メートルが荒らされていた。

畑に異常がないのを最後に確認したのは同24日午後3時ごろ。周囲に柵などはなく、自由に出入りできる状態だった。白菜を切り取った跡には新しいものと古いものがあり、署は複数回にわたり盗まれたとみている。

農林水産省によると、白菜は長雨や低温の影響で出荷量が減っており、価格も平年を大きく上回っている。

2018/2/2産経新聞

pickup2 at 09:40|Permalink

2017年11月17日

レタス1500株盗難 茨城県

葉物野菜の生産が盛んな八千代町で、一晩でレタス約1500株が盗難された。被害額は約10万円。
14日午後3時に確認した時点で異常はなく、15日午前8時ごろ被害に気付いて下妻警察署に通報した。警察には被害届を出し、同署は窃盗事件として調べている。

日本農業新聞2017/11/17


pickup2 at 21:06|Permalink

2017年11月08日

バッテリー窃盗「1000件、生活費に」63歳男逮捕

トラックからバッテリーを盗んだとして、三重県警四日市南署は8日、住所不定、無職の容疑者(63)を窃盗容疑で逮捕した。容疑を認め「同様の窃盗を1000件ほどやった。転売して生活費に充てていた」との趣旨の供述をしているという。

逮捕容疑は10月10日午後〜11日未明、同県東員町の駐車場で、同県いなべ市の運送業男性(61)のトラックからバッテリー2個(計6万円相当)を盗んだとしている。

同署によると、三重県内では今年に入って車のバッテリー盗難被害が約100件確認されている。容疑者は2013年ごろから県内外で窃盗を重ねたと供述しているという。

2017/11/8毎日新聞

pickup2 at 21:45|Permalink

2017年10月22日

橋名板連続盗難事件で容疑者逮捕 148枚押収

栃木県足利市内などで橋の名称を表示する橋名板が相次いで盗まれる事件があり、栃木県警足利署は20日、同県佐野市の容疑者(26)を窃盗容疑で5日に逮捕したと発表した。

逮捕容疑は先月21日から22日、栃木市鍋山町の出流川にかかる三峯橋の橋名板4枚(約16万円相当)を盗んだとしている。同署によると容疑者は栃木や埼玉のリサイクル業者に1キロあたり約400円で転売したといい、「生活費や遊興費に充てた」と、容疑を認めているという。


毎日新聞2017/10/21


pickup2 at 12:21|Permalink

2017年10月16日

側溝のフタ108枚盗まれる

千葉県市原市で、道路の側溝のフタ108枚が盗まれていたことが分かった。警察は窃盗事件として捜査している。

警察や市によると、千葉県市原市で先月から今月にかけて、6回にわたり道路の側溝のフタ108枚が盗まれていたという。盗まれたフタはほとんどが鉄製で、重さは1枚約18キログラム。被害総額は約150万円にのぼるという。

Nippon News Network2017/10/16

pickup2 at 17:23|Permalink

2017年06月29日

電線4.5キロ分窃盗事件、電柱登り切断、換金か―北海道警

北海道で今年に入り電柱の電線が盗まれる被害が相次ぎ、少なくとも滝川市、新十津川町、厚真町、苫小牧市の計8カ所で長さ約4.5キロ分に上ることが28日、北海道警への取材や発表で分かった。
道警は、電柱に登って工具などで電線を切断し、換金目的で盗んだとみて捜査している。

苫小牧署によると、今月にかけて厚真町清住の牧場と農道、苫小牧市弁天の農道で電柱の電線計約1.83キロが盗まれた。また、28日には、厚真町浜厚真の町道の電線約260メートルが盗まれたと北海道電力から被害の届け出があった。

滝川署によると、新十津川町や滝川市でも今月、計4カ所、約2.5キロ分の電線が盗まれていることが確認された。電線切断により一部で停電も発生したという。 


時事通信2017/6/28


pickup2 at 08:34|Permalink

2017年06月26日

漁船からガソリン抜き取る 容疑で少年逮捕

 漁港に係留中の漁船からガソリンを抜き取ったとして、堺海上保安署は24日、窃盗容疑で、堺市に住む会社員の少年(19)を現行犯逮捕したと発表した。少年は「自分の車の燃料に使おうと思った」と容疑を認めている。

同署によると、現場の漁港では5月中旬以降、同様の被害が数件相次いでいたため、警戒していた海上保安官が犯行に及ぶ少年を発見、その場で取り押さえた。同署はほかの被害との関連を調べる。

逮捕容疑は23日午前0時過ぎ、大阪府高石市の高石漁港に係留していた漁船3隻の燃料タンクから、ポンプを使ってガソリン9リットルを抜き取ったとしている。 

産経新聞2017/6/24


pickup2 at 21:55|Permalink

2017年05月17日

9千万円超被害 銅製ケーブル盗、兵庫の男逮捕

播磨や丹波地域の太陽光発電所から銅製の送電ケーブルを盗んだとして、兵庫県警捜査3課と加西署、小野署が窃盗の疑いで、加古川市野口町の電気工事業の容疑者(38)を逮捕していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。盗んだケーブルの総延長は約32キロ、重量約18トンに及ぶとみられ、県警は、起訴済みの3件を含め、2015年3月から約2年間で計48件、約9100万円の被害を裏付けたとしている。

捜査関係者によると、容疑者は主に深夜、加古川市や丹波市、神戸市西区などの防犯態勢の手薄な山間部の発電所に1人で侵入。切断したケーブルをワゴン車で運び出し、加古川市内の金属買い取り業者でケーブルのまま転売していたという。転売によって約600万円の利益を得たと県警はみている。


容疑者は太陽光発電所のケーブル施工を手掛けており、配線やケーブル買い取り事情に熟知していた。同じ現場に複数回侵入し、離れたパネルの配線を狙ったこともあった。県警の調べに「早い場合は20分で盗めた。生活費やパチスロ代欲しさにやった」と供述しているという。

神戸新聞2017/5/17


pickup2 at 08:28|Permalink

2017年02月17日

秦野市でハヤブサ2羽盗んだ疑い、30歳の男を逮捕

去年10月、神奈川県秦野市で、ハヤブサ2羽あわせて150万円相当を盗んだとして、職業不詳の30歳の男が逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、住所不定職業不詳の容疑者(30)で、去年10月、秦野市鶴巻南にある飲食店の敷地から、ハヤブサ2羽あわせて150万円相当を盗んだ疑いが持たれています。警察が容疑者の関係先の住宅を捜索したところ、ケージのようなものに入れられたハヤブサが見つかり、2羽とも保護されました。

調べに対し容疑者は「やっていません」と容疑を否認しています。

TBS系(JNN) 2017/2/16


pickup2 at 19:12|Permalink
最新記事
アクセスカウンター