強姦

2017年03月08日

マンション侵入、女性脅し性的暴行 京都、容疑の男4回目逮捕

京都府警捜査1課と川端署などは8日、強姦や窃盗などの疑いで、京都市北区の無職の男(30)を逮捕した。逮捕は4回目。

逮捕容疑は、2015年1月6日夜〜7日朝、京都市内の会社員女性のマンション室内に侵入し、玄関の鍵を盗んだ上、同日正午すぎ、同室で、帰宅した女性の口をふさぎ、「殺すぞ」などと脅して性的暴行を加えた疑い。


京都新聞 2017/3/8

pickup2 at 21:25|Permalink

2016年10月14日

アパートに侵入、女性暴行し現金盗む 容疑で韓国籍の男を逮捕

深夜に1人暮らしの女性宅に侵入し、暴行して現金などを盗んだとして、警視庁葛飾署は住居侵入と強姦、窃盗の容疑で、韓国籍で東京都江東区亀戸の会社役員2人を逮捕した。「やっていない」などと容疑を否認している。

逮捕容疑は9月12日深夜、葛飾区内のアパート1階の20代女性宅に侵入し、女性の首を絞めるなどしてわいせつな行為をし、女性の現金約3万円などを盗んだとしている。

女性宅の近くの防犯カメラの画像などから厳容疑者が浮上した。葛飾署が侵入経路などを調べている。

産経新聞 2016年10月13日


pickup2 at 06:11|Permalink

2016年03月08日

元警視庁巡査長、女性乱暴で初公判 「金品目的ではない」と一部否認  千葉地裁

元警視庁巡査長が千葉県松戸市内の女性宅に忍び込み乱暴して現金や下着を奪ったり、複数の住宅に侵入して金品を盗んだりしたとして、強盗強姦や住居侵入、窃盗などの罪に問われた元警視庁上野署巡査長の被告(37)の裁判員裁判初公判が7日、千葉地裁で開かれた。被告は起訴内容をおおむね認めたが、一部の事件について「金品を奪う目的ではなかった」などと否認した。

起訴状によると、2014年6月16日午前3時半ごろ、松戸市内の女性宅に侵入、バタフライナイフを枕に突き刺しながら「騒ぐな、殺すぞ」などと女性を脅し現金や下着を奪った上で乱暴。
また、同月21日午前9時ごろから同9時半ごろまでの間、金品を奪う目的で市川市内の女性宅に宅配業者を装って侵入、女性の首にスタンガンを押し当てる暴行を加えて全治約5日間のけがを負わせたなどとしている。

被告は13年10月ごろから下着やDVDを盗む目的でアパートなどへの侵入を繰り返した。「焼き切り」という手口で窓を破って侵入し、盗んだ現金は使い、盗品はフリーマーケットなどに出品して現金化していた。検察側は「凶器を使い、被害者の自由を奪って犯行に及んでおり、一定の計画性が認められる」と指摘した。

千葉日報オンライン 2016年3月8日

pickup2 at 20:44|Permalink

2015年10月11日

強姦罪「5年以上」、男性も被害者に 刑法改正案を諮問

性犯罪の厳罰化のため、強姦(ごうかん)罪の法定刑を引き上げ、被害者の告訴がなくても罪に問えるようにすることを柱とした刑法の改正案を9日、岩城光英法相が法制審議会に諮問した。親などによる性暴力を罰する規定も新設。強姦罪は被害者を女性だけとしているが、新たに男性も被害者と扱う案も盛り込んだ。今後、法制審の部会で議論し、来年以降に結論を出す見通し。

強姦や強姦致死傷罪の法定刑は、強盗や強盗致死傷罪よりも軽く、被害者支援団体などから「強盗より軽く扱われている」と見直しの必要性が指摘されてきた。

このため、改正案では「懲役3年以上」となっている強姦の法定刑の下限を、強盗と同じ「5年以上」と規定。殺人や現住建造物等放火罪とも同じとした。これに伴い、「懲役4年以上」の集団強姦罪は不要となるため廃止する。

強姦と強盗を同じ機会に行った場合の罰則についても統一。強盗が先行した時は「無期か7年以上の懲役」、強姦が先行した時は「懲役5年から30年」となっているが、改正案ではその順番を問わず「無期か7年以上の懲役」とする。

また、強姦や強制わいせつなどは現在、被害者の告訴がないと罪に問えない「親告罪」と定められている。だが、加害者を処罰するかどうかが被害者に委ねられる形となり、被害者の負担の重さが指摘されてきた。改正案では、この負担を軽くするために、告訴が要らない「非親告罪」とした。

朝日新聞デジタル 2015年10月10日

pickup2 at 12:33|Permalink

2013年09月11日

韓国で性犯罪が25分に1件発生、増加続く―中国紙

2013年9月9日、韓国警察庁の統計によると、2013年7月現在、韓国では25分に1件のペースで強姦などの性犯罪が起きている。10日付で広州日報が伝えた。

統計によると、韓国では今年1−7月に1万2000件を超える性犯罪が起きており、時間に直すと、約25分に1件のペースで発生していることになる。これに殺人、強盗、窃盗、暴力など主要な犯罪を含めると、その発生ペースは54秒に1件となる。

事件別の発生ペースをみると、暴力が1分52秒に1件、強盗が1分53秒に1件、窃盗が6時間14分に1件、殺人が9時間20分に1件となっている。これら主要犯罪の発生率は過去3年連続で上昇していたが、今年は減少した。

しかし、性犯罪の発生率は上昇を続けており、その件数は2009年が1万6000件、2010年が約2万件、2012年が約2万2000件となっている。

韓国では性犯罪者に対する処罰を重くすべきという声が上がっており、朴槿恵(パク・クネ)大統領も対応措置をとると表明している。

Record China 2013年9月10日

pickup2 at 16:16|Permalink

2009年12月26日

マンションの女性宅に侵入しわいせつ行為など繰り返す、無職男を強姦容疑などで追送検、神奈川

マンションに住む女性などを狙ってわいせつな行為を繰り返したとして、強姦や強制わいせつなどの疑いで、川崎市の住所不定無職の男が追送検された。

送検容疑は2003年3月、午前2時ごろ、マンションの会社員女性方に無施錠の玄関から侵入し、現金3万円を盗んだ上、就寝中の女性を暴行した、などとしている。
同様の事件、22件について同容疑者を送検した。

12月22日 カナロコ

pickup2 at 07:18|Permalink

2009年11月13日

アパートの非常階段で女子高生に乱暴容疑の会社員逮捕

アパートのエレベーター内で女子高生に刃物を突きつけ、非常階段に連れ出して乱暴したとして、強姦の疑いで東京都内の会社員の容疑者が逮捕された。
2月から8月にかけて、江東区や墨田区で同様の手口の強制わいせつ事件が数件発生。現場の遺留物と容疑者のDNA型が一致していることなどから関連を調べている。

逮捕容疑は2月、アパートのエレベーター内で女子高生にカッターナイフのような刃物を突き付けて「静かにしろ。刺すよ。殺すよ」と脅し、非常階段に連れ出して乱暴したとしている。

11月13日 産経新聞

pickup2 at 21:26|Permalink

2009年09月05日

マンション踊り場で女性に乱暴、容疑の男逮捕 警視庁

マンションの踊り場で女性に乱暴したとして、強姦の疑いで東京都足立区の会社員が逮捕された。容疑者は容疑を否認している。
警察によると、同区や墨田区では昨年夏ごろからエレベーターで男が下半身を露出する公然わいせつ事件が約20件相次いでおり、関連を調べている。 

容疑者は7月、マンションのエレベーター内で女性を脅し、踊り場に連れて行き乱暴した疑いが持たれている。エレベーターの防犯カメラの映像などから容疑者が浮上した。

9月4日 産経新聞


pickup2 at 07:40|Permalink
最新記事
アクセスカウンター