盗難

2017年12月17日

神社の屋根銅板盗難被害 滋賀で325枚、雨どいも

滋賀県警東近江署は16日、東近江市愛東外町の菅原神社で、ほこらの屋根などに敷かれていた銅板計約325枚と、本殿の銅製の雨どい1個(計約58万円相当)が盗まれたと発表した。同署が窃盗事件として調べている。

同署によると、銅板が盗まれたのは、境内にあるほこら2カ所と本殿を囲う塀の一部。神社は自治会が管理し、普段は人がいない。同日午前9時ごろに訪れた神主が、銅板がなくなっているのに気づいたという。

207/12/16京都新聞

pickup2 at 12:24|Permalink

2017年12月04日

レアメタル窃盗でロシア人2人を逮捕。全国で1億円被害?

今年3月、宮城県岩沼市の自動車解体工場からレアメタルが含まれた部品などを盗んだとして、ロシア人の男2人が逮捕されました。
全国で同様の被害が約30件被害総額で1億円あまり確認されていて警察が関連を調べています。 

窃盗などの疑いで逮捕されたのはロシア国籍で住所職業不詳の容疑者ら2人。
警察によりますと2人は3月19日から翌日にかけ岩沼市内の自動車解体工場に忍び込み、
希少金属のレアメタルが含まれた部品を盗んだ疑いが持たれている。
2人は、数年前から定期的に商用ビザで来日し、盗みを繰り返していたとみられています。


2012年以降、東北や関東など17県で同様の窃盗事件がおよそ30件発生し1億円あまりの被害が出ていることから警察で関連を調べている。

2017/12/2TBC東北放送

pickup2 at 21:13|Permalink

2017年11月26日

医療用麻薬狙いか 大阪の薬局で窃盗被害相次ぐ

薬局を狙った窃盗事件が相次いでいて、医療用麻薬が盗まれるケースもあるということです。

24日午前3時半ごろ、大阪・堺市の薬局で防犯センサーが反応して警察が駆け付けると、現金約10万円などが入った金庫が盗まれていました。

その約10分後には、2キロほど離れた別の薬局でも金庫が盗まれているのが見つかりました。金庫に入っていたのは医療用麻薬7種類約60錠で、現金は入っていませんでした。警察によりますと、薬局を狙った窃盗事件は今年8月から大阪府内で相次いでいて、被害総額は508万円だということです。

2017/11/24テレビ朝日

pickup2 at 21:06|Permalink

2017年10月16日

側溝のフタ108枚盗まれる

千葉県市原市で、道路の側溝のフタ108枚が盗まれていたことが分かった。警察は窃盗事件として捜査している。

警察や市によると、千葉県市原市で先月から今月にかけて、6回にわたり道路の側溝のフタ108枚が盗まれていたという。盗まれたフタはほとんどが鉄製で、重さは1枚約18キログラム。被害総額は約150万円にのぼるという。

Nippon News Network2017/10/16

pickup2 at 17:23|Permalink

2017年09月20日

バッテリー盗難100個以上。トラックや重機から。

北海道各地で、会社の敷地に停めているトラックや重機からバッテリーが盗まれる事件が相次いでいます。盗まれたバッテリーは、少なくとも100個以上とみられています。

9月8日午前5時ごろ、北海道千歳市の運送会社の敷地に停めていた重機7台から、バッテリー14個が盗まれていることがわかりました。
また同じ8日の午後11時ごろ、恵庭市戸磯でも、重機からバッテリー14個が盗まれる同様の被害がありました。

警察によりますと、北海道では上川地方を中心にバッテリーが盗まれる事件が相次ぎ、特に被害が集中しているのは富良野署管内で、2017年5月から少なくとも100個以上が被害に遭っています。


北海道文化放送2017/9/19

pickup2 at 21:46|Permalink

2017年09月09日

プリウス狙い「積み替え盗」男逮捕

車を制御するコンピューターを積み替えてエンジンをかける手口で、車を盗んだとして、スリランカ国籍の男が逮捕されました。
容疑者(28)は、今年5月、大阪府和泉市内の駐車場で車1台を盗んだ疑いが持たれています。

「積み替え盗」は車を制御するコンピューターを差し替えることで別の電子キーを有効にするもので最近、この手口による犯行が相次いでいます。警察は、背後に車を海外に転売する窃盗グループがいるとみて調べています。

2017/9/8朝日放送


pickup2 at 06:25|Permalink

2017年09月05日

質店に3人組強盗 貴金属奪う

横浜市の質店に押し入った3人組が、ショーケースから貴金属を盗み逃走し、警察は、被害を確認するとともに、窃盗事件として捜査している。

5日午前11時半前、横浜市中区の質店で、「3人組の強盗に入られた」と110番通報があった。
警察によると、質店の入り口近くのショーケースが壊され、中にあった貴金属が盗まれたという。

目撃者は、「短い犯行だったと思う。長い棒を持っていた。バールか金属バットか。白い車に乗って逃げていくのを見た。すごいスピードで走っていって、赤信号も振り切るような感じで」などと話した。
3人組は、目出し帽のようなものをかぶっていて、警察は、被害を確認するとともに、窃盗事件として捜査している。


ホウドウキョク2017/9/5


pickup2 at 21:29|Permalink

2017年07月05日

ハイエース中心160台、被害総額2億超、窃盗グループ摘発

自動車盗を繰り返したとして、茨城、栃木両県警は窃盗の容疑で茨城県つくば市の自営業の被告(29)、土浦市の会社員の男(29)ら窃盗グループの4人を逮捕した。グループは茨城、埼玉、千葉、栃木、群馬、福島の6県で173件、総額約2億1250万円相当の自動車やナンバープレートを盗んだ疑いがある。

茨城県警捜査3課によると、平成27年4月ごろから28年11月ごろまでに、トヨタのハイエースを中心に車160台と、ナンバープレート14枚を盗んだという。

2017/7/5産経新聞

pickup2 at 21:52|Permalink

2017年05月17日

9千万円超被害 銅製ケーブル盗、兵庫の男逮捕

播磨や丹波地域の太陽光発電所から銅製の送電ケーブルを盗んだとして、兵庫県警捜査3課と加西署、小野署が窃盗の疑いで、加古川市野口町の電気工事業の容疑者(38)を逮捕していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。盗んだケーブルの総延長は約32キロ、重量約18トンに及ぶとみられ、県警は、起訴済みの3件を含め、2015年3月から約2年間で計48件、約9100万円の被害を裏付けたとしている。

捜査関係者によると、容疑者は主に深夜、加古川市や丹波市、神戸市西区などの防犯態勢の手薄な山間部の発電所に1人で侵入。切断したケーブルをワゴン車で運び出し、加古川市内の金属買い取り業者でケーブルのまま転売していたという。転売によって約600万円の利益を得たと県警はみている。


容疑者は太陽光発電所のケーブル施工を手掛けており、配線やケーブル買い取り事情に熟知していた。同じ現場に複数回侵入し、離れたパネルの配線を狙ったこともあった。県警の調べに「早い場合は20分で盗めた。生活費やパチスロ代欲しさにやった」と供述しているという。

神戸新聞2017/5/17


pickup2 at 08:28|Permalink

2017年04月03日

太陽光発電所で250万円相当の送電ケーブル窃盗

2日午前1時20分ごろ、千葉県木更津市の太陽光発電所で、近くを車で通りがかった女性から「山が燃えている」と119番通報があった。消防と木更津署員が調べたところ、送電ケーブルを覆っていたパイプが燃え、パイプの中にあった送電ケーブル17本(時価約250万円相当)が切断され、なくなっていた。同署は、最後に施設の点検が行われた3月5日午前10時半ごろから4月2日午前1時半ごろまでの間に盗まれたとみて、窃盗事件として捜査するとともに、火災との関連を調べている。

同署によると、燃えたパイプはポリエチレン(FEP)製で、ケーブルはそれぞれ30〜60メートル切断されていた。現場は山の斜面にソーラーパネルを設置した無人発電所。

千葉日報オンライン 2017/4/3


pickup2 at 20:48|Permalink
最新記事
アクセスカウンター