盗難

2020年06月12日

高級車の電子キー解錠機器販売、窃盗幇助疑いで鍵店摘発

全国で高級車約200台を盗んだ窃盗グループに電子キーの代わりとなる特殊機器を譲渡し、
犯行を手助けしたとして、兵庫県警が窃盗幇助の疑いで、奈良市内で鍵店を営む60代の男を書類送検していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。悪用された機器の販売元が摘発されるのは異例という。

県警によると、事件は平成28年4月〜昨年5月、兵庫や千葉など全国12都府県のマンションや民家の駐車場で発生。男女6人のグループが摘発された。
捜査関係者によると、グループはトヨタのレクサスやランドクルーザーといった高級車を物色。「リシ」と呼ばれる針金状のピッキング用具で車のドアロックを解錠し、車内へ侵入していた。
さらにエンジンロックを解除するため、ハンドル付近のコネクターに「タンゴプログラマー」と呼ばれる電子機器をつないだパソコンを接続。車のデータを抜き取った上で、この機器を電子キー代わりにしてエンジンを起動させ、盗みを繰り返したとされる。
また、「キープログラマー」という別の機器も悪用して合鍵の電子キーを作製し、外国人ブローカーを通じ海外に売却していた。

グループは一連の犯行に使用したピッキング用具や電子機器を、奈良市内の鍵店で購入していたことが判明。県警は店側が犯罪に悪用されることを認識しながら販売したと判断し、今年3月に店を経営する60代男を書類送検した。

今回の窃盗グループが犯行に用いた特殊機器は、もともとは電子キーの紛失時に合鍵を作るためのものだが、犯罪に悪用されるケースが相次いでいる。
鍵を使用せず家の扉を解錠する手法として一般的なピッキングをめぐっては、空き巣対策として専用工具やドライバーの所持が法律で規制されているが、車のドア解錠に用いる針金状の「リシ」や、車の電子データにアクセスできるキープログラマーなどは規制対象になっていない。
捜査関係者によると、これらの特殊機器は数千〜数万円でインターネットや業者から簡単に入手できる。このため自動車盗事件の捜査過程でたびたび悪用が確認されているという。

2020/6/11 産経新聞

pickup2 at 09:00|Permalink

2020年04月13日

ベトナム人大量万引き 県内でも300万円被害

去年、全国10の県でベトナム人のグループが大量の万引きを繰り返していた窃盗事件で、県内でも19店舗のドラッグストアでおよそ300万の被害があったことが分かりました。

去年11月、窃盗などの疑いで福島県警に逮捕されたのは、いずれも住居不定の無職、ベトナム国籍の容疑者(28)らベトナム人の男女4人。
富山県警と福島県警などの共同捜査で、4人のうち2人は去年10月ごろ、県内のドラッグストア19店舗で美容クリームや健康食品などを大量にカバンに詰め込んで車で逃げる万引きを繰り返していたことがわかりました。県内の被害総額はおよそ300万円に上り、盗まれた商品は転売され、生活費や遊興費に使われたということです。
逮捕されたベトナム人4人は技能実習生として日本で働いていましたが、SNSなどで知り合い、
職場から失踪して全国で万引きを繰り返していたとみられています。

富山テレビ放送2020/4/13

pickup2 at 17:53|Permalink

2019年03月17日

兵庫や大阪で中古スマホ盗、被害3600万円 窃盗容疑で35歳男を逮捕

夜間にリサイクル店に侵入し中古のスマートフォンなどを盗んだとして、兵庫県警捜査3課は15日、窃盗などの疑いで、大阪市の無職の容疑者(35)を逮捕、送検したと発表した。県警は起訴済みの4件を含む計204件(被害総額約3600万円相当)の犯行を裏付け、捜査を終えた。容疑を認めている。

送検容疑は平成24年8月〜昨年7月、兵庫や大阪など2府3県のリサイクル店に夜間に侵入。中古のスマホやタブレット端末、ゲーム機など約2600点を盗んだとしている。

県警によると、容疑者は盗品を別のリサイクル店で転売していたという。

2019/3/15産経新聞

pickup2 at 11:42|Permalink

2018年12月31日

飲食店元店長が金庫から140万円盗む

兵庫県警明石署は31日、明石市内の飲食店から現金約140万円を盗んだとして、窃盗などの疑いで、住所不定、無職の男(35)を逮捕した。

逮捕容疑は2018年12月23〜25日、明石市相生町の飲食店内で、金庫の中から店の売上金約140万円を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

同署によると、男は同店の元店長。経営者が23日に確認した現金約140万円が25日になくなっており、翌26日に同署に届け出た。男も行方が分からなくなっていた。

2018/12/31神戸新聞

pickup2 at 20:18|Permalink

2018年12月27日

スマートキーの電波悪用。車窃盗に新たな手口確認。大阪。

車に近付くだけでドアの鍵が開くスマートキーの電波を中継して駐車中の車を盗む「リレーアタック」とみられる被害が大阪で確認されていたことが分かりました。

犯行グループは特殊な装置を使って自宅の中に置いてあったスマートキーが発信する電波を家の外まで中継し、車のドアのロックを解除したとみられます。これはヨーロッパを中心に被害が広がっているリレーアタックと呼ばれる手口で、関西でその手口を使ったとみられる盗難事件が確認されたのは初めてです。

2018/12/27テレ朝ニュース


pickup2 at 13:24|Permalink

2018年12月17日

中古車販売店の駐車場からタイヤ盗んだ疑いで別の店に勤める男逮捕。

岐阜県岐南町で16日午前、会社員の男がタイヤを盗んだとして緊急逮捕されました。現場付近では11月下旬から、タイヤなどが盗まれる被害が3件相次いでいて、警察が関連を調べています。

逮捕されたのは岐阜県岐南町の中古車販売店社員(42)。容疑者は16日午前7時半ごろ、自宅近くにある岐南町薬師寺の中古車販売店の駐車場で置いてあったホイール付きのタイヤ4本、6000円相当を盗んだ窃盗の疑いが持たれています。

現場付近では11月下旬以降、中古車販売店からタイヤやバッテリーが盗まれる被害が3件あり、
警察が16日朝から警戒に当たっていたところ、後部座席にタイヤを積んだ普通乗用車を発見。
運転していた容疑者から事情を聞いたところ犯行が発覚し、緊急逮捕した。

2018/12/16 東海テレビ



pickup2 at 15:30|Permalink

2018年12月14日

2階の窓狙い連続空き巣。容疑の男を逮捕送検。札幌中央署。

マンションの2階にある居室などに無施錠の窓から侵入し、現金や貴金属の窃盗を繰り返したとして、札幌中央署は13日までに、窃盗などの疑いで、住所不定無職の容疑者(39)を逮捕、送検した。

逮捕、送検容疑は9月上旬から10月中旬にかけ、札幌市中央区と同市東区のマンションの居室計4カ所に侵入し、現金約10万円や指輪など約10万円相当を盗むなどした疑い。

同署によると容疑者は1階に比べ、窓が施錠されていないことが多い2階の居室を狙ったと供述。住人の不在時に、外壁の配管や空調の室外機を足場に侵入していたという。
同署は、同容疑者がこのほか8月から10月にかけ、同様の手口で同市白石区や帯広市で21件の窃盗を重ね、被害総額が約450万円に上るとみて調べている。

2018/12/14北海道新聞

pickup2 at 13:59|Permalink

2018年12月11日

窃盗の疑いで男3人逮捕。携帯電話販売店から商品39点。

いわき東署は盗みなどの疑いで埼玉県春日部市のトラック運転手の男(53)、
埼玉県鶴ケ島市の自営業の男(52)の両容疑者、盗みの疑いでさいたま市の飲食店従業員の男(32)を逮捕した。

逮捕容疑は、3人は7月29日午後11時ごろ、いわき市の携帯電話販売店に侵入し、タブレットやスマートフォンなど39点(計約316万円)を盗んだ疑い。

2018/12/11福島民友新聞

pickup2 at 11:48|Permalink

2018年12月08日

甲府などで高級ワイン万引 被害総額1450万円

甲府署は5日、甲府市内で高級ワインを万引したとして、窃盗容疑で逮捕した愛知県豊橋市藤沢町、自称不動産業の被告(36)=窃盗罪で起訴済み=の余罪5件を解明し、甲府区検に送致した。

同署によると、被告は10月3〜4日、長野市、長野県松本市、上田市の各1軒、甲府市の2軒の酒類販売店で計29本、被害総額677万円余のワインの万引を繰り返したとしている。最高額は1本100万円で、すべて外国産だった。

同被告は同4日正午ごろ、甲府市内のレストランで店員の隙をみて、ワインセラーにあった外国産ワイン4本(販売価格計780万円)を盗んだとして、緊急逮捕された。

2018/12/6産経新聞

pickup2 at 16:51|Permalink

2018年11月14日

リンゴ盗難相次ぐ。昨年10倍超の1万3000個。青森。

青森県でリンゴの盗難被害が続出している。警察に被害届があっただけでも昨年の10倍以上の1万3000個が盗まれた。産地では農家の高齢化や労働力不足などから、収穫を業者に委託するケースが増えている。窃盗団は委託業者などと見分けがつかず、白昼堂々と盗みを働いているとの見方もある。

青森県警によると、リンゴの窃盗は10月から相次ぎ、被害届は12日時点で5件。弘前市で「ふじ」約4300個(50万円相当)が盗まれた他、つがる市でも「ふじ」約5000個(40万円相当)がもぎ取られた。その他、青森市で約800個、平川市で約1640個、黒石市で約1200個と、合わせて約1万3000個もの被害があった。17年は2件の被害届で、約1030個の被害だった。

被害届を出さない農家も多いとみられ、県やJA関係者によると「届け出は氷山の一角」との見方が強い。

盗難の手口について、県りんご果樹課は「集団でやって来て白昼堂々と盗んでいくことがある」と危機感を示す。農家の人手不足から、農家が収穫を業者に委託するといったことがあり、収穫か盗難か見分けが付かないこともあるという。


2018/11/13日本農業新聞

pickup2 at 09:39|Permalink
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: