自動車

2017年09月09日

プリウス狙い「積み替え盗」男逮捕

車を制御するコンピューターを積み替えてエンジンをかける手口で、車を盗んだとして、スリランカ国籍の男が逮捕されました。
容疑者(28)は、今年5月、大阪府和泉市内の駐車場で車1台を盗んだ疑いが持たれています。

「積み替え盗」は車を制御するコンピューターを差し替えることで別の電子キーを有効にするもので最近、この手口による犯行が相次いでいます。警察は、背後に車を海外に転売する窃盗グループがいるとみて調べています。

2017/9/8朝日放送


pickup2 at 06:25|Permalink

2017年07月05日

ハイエース中心160台、被害総額2億超、窃盗グループ摘発

自動車盗を繰り返したとして、茨城、栃木両県警は窃盗の容疑で茨城県つくば市の自営業の被告(29)、土浦市の会社員の男(29)ら窃盗グループの4人を逮捕した。グループは茨城、埼玉、千葉、栃木、群馬、福島の6県で173件、総額約2億1250万円相当の自動車やナンバープレートを盗んだ疑いがある。

茨城県警捜査3課によると、平成27年4月ごろから28年11月ごろまでに、トヨタのハイエースを中心に車160台と、ナンバープレート14枚を盗んだという。

2017/7/5産経新聞

pickup2 at 21:52|Permalink

2016年10月15日

高級車ボディー付け替え転売、窃盗容疑で2人逮捕。愛知県警。

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の乗用車を盗んだとして、愛知県警捜査3課などは14日までに、窃盗容疑で名古屋市の自動車販売業の容疑者(37)ら2人を逮捕した。
2人は容疑を否認しているという。

同容疑者らはレクサスブランドの中古車を仕入れた上、盗んできた同ブランドのランクの高い車種のボディーに付け替えてネットオークションに出品。「外見のみ高ランク車」などと説明し、高値で転売していた。

容疑者の倉庫からレクサスなど高級車の部品が多数発見された。県警は盗難車の改造や転売を繰り返していた疑いがあるとみて調べている。 

時事通信 2016年10月14日


pickup2 at 10:22|Permalink

2016年07月11日

故障診断ツールを不正所持、車窃盗容疑の男再逮捕。愛知県警。

自動車整備業者が使う「車両故障診断ツール」を不正に所持したとして、愛知県警などは8日、県安全なまちづくり条例違反の疑いで同県瀬戸市の自称会社員の容疑者を逮捕した。
ツールを使えば盗難防止装置付きの車を盗むことが可能だが、容疑者は「自分の物ではなく、窃盗に関わる道具という認識はない」と容疑を否認している。

県警は6月、名古屋市内で乗用車を盗んだとして窃盗容疑で容疑者を逮捕。使っていた車からツールが見つかった。県警は容疑者が自動車窃盗グループのリーダー格で、グループで約100台の盗難に関与したとみている。

時事通信 2016年7月8日


pickup2 at 09:53|Permalink

2015年05月09日

ハイエースばかり今年に入り70台以上の盗難

東京・多摩地域などで、ワンボックスカーのハイエースが今年に入って70台以上盗まれていることが分かりました。

警視庁によりますと、都内では去年、多摩地域を中心に174台のハイエースが盗まれていましたが、今年は江戸川区や世田谷区など23区内にも被害が拡大し、すでに70台以上が盗まれたということです。

テレビ朝日系(ANN) 2015年5月8日

pickup2 at 20:30|Permalink

2013年02月13日

イモビライザー、解除機器 愛知県が条例で所持規制へ

自動車の電子ロック式盗難防止装置「イモビライザー」を解除する電子機器「イモビカッター」などの所持を規制する愛知県条例の改正案が、20日開会の県議会2月定例会に提出される。イモビカッターなど解除機器の所持を規制するのは全国初となる。施行は7月1日の予定。

同県は自動車盗難が5年連続で全国最多。盗難防止装置の解除機器を窃盗グループが悪用するケースが県警の捜査で確認されており、県と県警が規制を検討してきた。

イモビライザーは、車と鍵に埋め込まれた電子チップの認証コードが合致しないと車を始動できなくする装置。改正条例では、イモビカッターのほか、コードを書き換える「イモビライザーテスター」なども含め、業務など正当な理由がない場合の所持を禁じる。違反者には1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科す。

毎日新聞 2013年2月13日

pickup2 at 20:29|Permalink

2012年11月30日

高級車盗グループ摘発。被害230台、5億円超?愛知県警など

高級乗用車を盗んだなどとして、愛知、岐阜、千葉各県警の合同捜査本部は29日までに、窃盗容疑などで岐阜県可児市の日系ブラジル人の無職の男4人を逮捕した。
1人は否認しているという。
捜査本部は同じグループとみられる19〜38歳のブラジル人の男7人を逮捕。グループは愛知、岐阜、長野などで車230台以上を盗んだ上、千葉県内のヤードと呼ばれる作業所で解体し、海外に輸出していたとみられる。被害総額は5億円を超えるという。

時事通信 2012年11月29日

pickup2 at 06:56|Permalink

2012年03月22日

ハイエースが5年連続自動車盗難ワースト1位に

日本損害保険協会が21日、「第13回 自動車盗難事故実態調査結果」を発表し、盗難被害が最も多いのはワゴンボックスカー『ハイエース』であることがわかった。『ハイエース』の盗難被害最多となるのは2007年の調査から5年連続。

同調査は損害保険会社が2011年11月に保険金を支払った事案(自動車盗難683件、車上ねらい2,221件)を対象に実施されたもの。『ハイエース』の盗難被害が多い理由としては、盗難予防装置であるイモビライザーの標準装備が進まずセキュリティが低いことから、自動車窃盗団の標的となったとし、盗難された車は不法に解体された上、不正輸出されるケースが多いと推測している。また『セルシオ』と『ランドクルーザー』の被害も急増しているという。

カーナビ被害は昨年に比べ、件数と被害額ともに減少。ユーザーの防犯意識が向上し、防盗性の高いカーナビの普及が被害縮小につながったとしているが、1件あたりの被害額は21.8万円と高止まり状態であることを指摘している。

オリコン 3月21日

pickup2 at 06:44|Permalink

2012年03月02日

車の窓割り盗み、被害総額約1150万円 大阪

大阪市内などで昨年2月から、停車中の車の窓ガラスがたたき割られ、金品が相次いで盗まれるなどした事件で、府警捜査1課などは29日、大阪市城東区の無職の男3人のグループについて107件の犯行を裏付け、うち22件を立件し捜査を終結したと発表した。被害総額は計約1150万円に上るという。
昨年2月下旬から約1カ月、停車中の車内で仮眠している運転手などを狙って窓ガラスをたたき割り、金品を奪う手口の犯行を繰り返したとされる。

産経新聞 3月1日


事務所や店舗、飲食店など業種別の防犯対策
住宅、事務所や店舗、飲食店、診療所など業種別の防犯対策、セキュリティシステム



pickup2 at 20:22|Permalink

2012年01月14日

カーナビ窃盗、被害3388万円 容疑の男2人を送検 兵庫

駐車中の乗用車からカーナビゲーションシステムを狙って窃盗を繰り返したとして、兵庫県警捜査は11日、窃盗容疑で、いずれも住所不定無職ののの2被告を逮捕、送検したと発表した。県警は計195件の容疑を裏付け、被害総額は約3388万円にのぼるという。

逮捕、送検容疑は、昨年1月18日、共謀して高砂市のマンション駐車場に侵入。駐車中の乗用車の三角窓を工具で壊し、カーナビ1台(約20万円相当)を盗むなど、平成17年4月〜23年7月、県内など5府県で同様の行為を繰り返したとしている。盗んだカーナビは埼玉県の買い取り業者に宅配便で送っていた。


経新聞 1月12日


pickup2 at 07:28|Permalink
最新記事
アクセスカウンター