通報

2014年06月13日

福井県内の橋やトンネルで銘板762枚盗難、3200万円被害

県内でトンネルや橋などの銘板が盗まれる被害が247件、762枚(被害総額約3200万円)あったことを明らかにした。県から5月15日に被害届を受けて捜査、県だけでなく、国や市町でも被害があったことがわかった。愛知や岐阜、石川など広域で発生しており、県警は転売目的とみて、窃盗事件で捜査を進めている。

被害は国土交通省、県、6市4町が管理する橋とトンネル、落石防護施設(ロックシェッド)等の銘板で、内訳は橋185件657枚、トンネル52件93枚、落石防護施設等10件12枚。いずれも真鍮(しんちゅう)製で、大きいもので横60センチ、縦40センチなどさまざま。銘板を張り付けているボルトを工具やバールなどを使って取り外してあった。

被害地域は福井市や越前市、鯖江市などを中心にほぼ県内全域にわたっており、管理者は県が最も多く139件410枚、市町106件348枚、国交省が2件4枚となっている。

産経新聞 2014年6月12日

pickup2 at 21:31|Permalink

2013年10月25日

金属部品の窃盗多発。工事現場の資材や消火用ホースの筒先奈良

奈良県内で工事現場の資材や消火用ホースの筒先などに使われる金属部品を狙った窃盗事件が多発している。今年の被害は300件を超え、昨年1年間の被害を上回った。人の出入りの少ない施設などが狙われるケースも多く、県警は自治体や住民、民間業者らに注意を呼び掛けている。

県警生活安全企画課によると、金属部品を狙った窃盗事件の被害は9月末時点で、昨年1年間の237件を上回る316件に達し、被害総額は約6770万円に上る。

最も狙われているのが工事現場の電線や資材(122件)で、消火用ホースの筒先(80件)、道路の側溝に使われる金属性のふた(58件)、住宅などのエアコン室外機や給湯器(35件)と続く。

24日には上牧町内の商業施設で、銅の針金4巻(計4320円相当)を万引したとして、西和署が窃盗の疑いで、大和高田市の警備員の男を逮捕した。「売って金にしようと思った」と供述しており、売却目的とみられる。

産経新聞 2013年10月25日

pickup2 at 21:37|Permalink

2011年06月09日

ダム建設現場で電気ケーブル360メートル盗難 奈良

三郷町南畑の大門ダム建設現場で、電気ケーブル3本(計約360メートル、80万円相当)が盗まれたと発表した。

盗まれたのは直径2センチと4センチの電気ケーブル3本。7日早朝に現場に来た建設業者がケーブルがなくなっているのに気付き、同署に被害届を提出した。

ケーブルは、現場近くの池の水位を調節するポンプを動かす電力や、建設中の管理事務所に電力を供給するために使われていた。県は代わりのケーブルをすでに調達した。県河川課は「防犯体制の再確認と強化をしたい」としている。


産経新聞 6月9日

建設現場や資材置き場、新築現場での金属泥棒、銅線泥棒


pickup2 at 22:07|Permalink

2011年04月17日

工事用ガードレール180枚盗難 滋賀

草津市馬場町の資材置き場で13日、道路工事用の鉄製のガードレール約180枚(計約19万5千円)がなくなっているのを、県南部土木事務所の男性職員が見つけ14日、草津署に盗難の被害届を出した。

産経新聞 4月15日


建築現場、新築現場での盗難防止、防犯対策



pickup2 at 08:23|Permalink
最新記事
アクセスカウンター