銘板

2016年12月11日

橋銘板窃盗の捜査終結 49件、被害総額は668万円 静岡

の銘板が相次いで盗まれた事件で、菊川署は9日、計49件(被害総額約668万円相当)の盗難を既に窃盗罪で起訴されている牧之原市片浜の無職の被告(35)の犯行と裏付け、捜査を終結したと発表した。被告は「犯行を見られない橋を狙った」と容疑を認めているという。

同署によると、被告は2月から7月までの間に、県中・西部の橋で銘板計169枚を盗んだ。盗難事件は牧之原市内で22件、掛川市内で12件、菊川市内で9件、御前崎市内で5件、袋井市内で1件発生。被告は盗んだ銘板を切断し、金属買い取り業者に転売していた。

産経新聞 2016/12/10


pickup2 at 12:56|Permalink

2016年01月24日

橋名板2枚盗難 福島、相馬 県内被害計42枚に

橋名板やトンネル標示板の盗難が東北地方で相次いでいるのを受けた福島県の点検で、新たに橋名板2枚の被害が見つかった。これまでに明らかになっていたのと合わせ、県内の被害は42枚となった。県道路管理課が20日、発表した。
新たに分かったのは、399号国道八方塚橋(福島市飯坂町)と県道相馬大内線新北川原橋(相馬市黒木)の橋名板1枚ずつ。
予定していた約4300カ所の橋と147カ所のトンネルの点検を終えた。冬期通行止めのためできなかった約300カ所の橋と7カ所のトンネルは通行止め解除後に調べる。

宮城県警塩釜署が窃盗の疑いで逮捕した本籍宮城県の住所不定無職の容疑者(40)からの押収品には県内のトンネル標示板なども見つかっており、県警と宮城県警などが関連を調べている。

福島民報 2016年月21日



pickup2 at 13:18|Permalink
最新記事
アクセスカウンター