2021年05月10日

インターネットで合鍵を注文、女性宅に侵入した元医学部生

2021/5/10読売新聞オンライン

鍵に記載された番号を基に、合鍵を作って女性宅に侵入したなどとして、福岡県警久留米署は10日、福岡市の元久留米大医学部学生で、無職の男(37)(住居侵入、窃盗罪で公判中)を住居侵入と窃盗の疑いで福岡地検久留米支部に送検し、捜査を終結したと発表した。
県警は、男が2014年以降、同県久留米市や福岡市で住居侵入や窃盗など164件(被害総額約3万9100円相当)に関与したことを確認した。うち9件(被害総額約1万500円相当)を立件し、いずれも起訴された。


発表では、男は15年9月〜今年1月、一人暮らしをする女子学生らのマンションなどの部屋に合鍵を使って侵入し、下着を盗むなどした疑い。県警の調べに「家に入って、普段見られない世界を見たかった」などと容疑を認めているという。

男は在学していた久留米大での実習中などに、顔見知りの女子学生らの自宅の鍵の番号を撮影したり、
覚えたりして、その番号を基に、インターネットで合鍵を注文していた。
自宅の場所は、ほかの学生らから聞き出すなどしていたという。

pickup2 at 15:24│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: