2021年11月08日

二宮金次郎ゆかりの地で銅像消える。栃木真岡

2021/11/6 毎日新聞

栃木県真岡市歴史資料保存館(真岡市高田)の敷地内にあった高さ約1メートルの二宮金次郎の銅像がなくなっていることを、同館を管理する同市教育委員会などが5日までに確認した。台座付近には像を固定していたコンクリートの破片が落ちており、同市教委から被害届を受けた真岡署が窃盗事件として捜査している。

同市教委などによると、3日午後、付近住民が金次郎像がないことに気付き、同市教委と同署に連絡。10月21日に同市内の小学生が社会科見学で同館を訪れた際には、金次郎像はあったという。
同館には職員が常駐しておらず、夜間や休日も門は施錠されていなかった。金次郎像は厚さ約10センチのコンクリートで台座に固定されていた。
台座付近にはコンクリートの破片が落ちており、何者かがハンマーなどでコンクリートを砕き金次郎像を盗んだとみられる。


pickup2 at 10:04│ 防犯 
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: